車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

マツダ 東京オートサロン

次期アクセラのマツダ3はソウルレッドクリスタルメタリックのカラーリング。SKYACTIV-Xと小型モーター搭載のマイルドハイブリッド車

投稿日:

東京オートサロン2019に展示されたマツダ3こと次期アクセラ

マツダ3デミオ東京オートサロン_01
東京オートサロン2019で見ておこうと思った車両の1台が、このマツダ3こと次期アクセラ。
市販型となってやや違いが見られましたが、ほぼ東京モーターショーで展示されたマツダ・魁コンセプトのシルエットを受け継いでいるように見えます。

フロント部分はイメージを残しつつ現在市販中のマツダ車方向に寄せられ、アゴの出ていたフロントスポイラーは少しアゴが上がって実用的になりました。



ヘッドライトも細目のシャープなものからイカリングを内蔵したグリル側が厚みを増すデザインに変更。
シャープな細目のほうが好みでしたので、チョット残念。

リアは大きくバンパーに食い込んでいた、アンダーガーニッシュが大人しくなり、現実的に。
アンダーガーニッシュに貫通していた、マフラーがリアバンパー下に移動されています。

リア周りはカーサンの好きな部分が大きく変わらなかったので、よかった。

フロント周りの特にヘッドライトが変わってしまったのは惜しい。
照射光度などいろいろ保安基準的なものがあるのかもしれませんが…。

ボディカラーはソウルレッドクリスタルメタリック。
ソウルレッドクリスタルメタリックはマツダのフラッグシップカラーともいうべきレッドで様々なマツダ車に塗られています。

マツダくだわりの塗装技術、「匠塗 TAKUMINURI」のラインナップであるソウルレッドクリスタルメタリックは独特の輝きを放っていました。

それでは、東京オートサロンで展示されたマツダ3を例によって360度8方向から撮影した画像をご覧頂きましょう!

マツダ3(次期アクセラ)

マツダ3デミオ東京オートサロン_02
マツダ3デミオ東京オートサロン_03
マツダ3デミオ東京オートサロン_04
マツダ3デミオ東京オートサロン_05
マツダ3デミオ東京オートサロン_06
マツダ3デミオ東京オートサロン_07
マツダ3デミオ東京オートサロン_08
マツダ3デミオ東京オートサロン_09
市販型となったマツダ3。
次期アクセラと言われているわけですが、マツダ・アクセラの名前は消えるかもしれないといわれています。

東京オートサロンで展示された北米仕様と同じ「マツダ3」という名称で統一されるらしいです。

ステージ上にはこの5ドアハッチバックと、4ドアセダンが飾られ、注目を集めていました。

マツダ3 4ドアセダン

マツダ3デミオ東京オートサロン_11
マツダ3デミオ東京オートサロン_12
ターンテーブルに乗せられた5ドアハッチバックのマツダ3に対して、ステージ上とはいえ、4ドアセダンは控えめに展示。
もっとバランスが悪くなるかと思いましたが、いい感じですね。

こちらのカラーはマシーングレープレミアムメタリック。
5ドアハッチバックのマツダ3のソウルレッドクリスタルメタリックに続く、「匠塗 TAKUMINURI」のラインナップ第2弾がこのマシーングレープレミアムメタリックです。

匠塗 TAKUMINURIでは、塗装も魂動デザインの一部として開発にはこだわりを持ってあたったといいます。
ステージ上でも大人の落ち着きと深みを見せていましたね。

ポリメタルグレーのマツダ3 カスタムスタイル

マツダ3デミオ東京オートサロン_13
「匠塗 TAKUMINURI」の第3弾といわれる、ポリメタルグレーに塗られたマツダ3は、カスタムパーツを装着したバージョン。
こちらはコックピットに座れるとあって、行列が出来ていました。

回りも人がたくさんで、どんなカスタムがされているのか?すらワカラナイ状態。
マツダ3の注目度の高さが分かりますね。


<PR>

▼関連記事はコチラ




にほんブログ村

-マツダ, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.