車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

チューニングカー ニッサン リバティーウォーク 東京オートサロン

近くで見れた!LB-Silhouette WORKS GT 35GT-RR Ver.2

投稿日:2020年1月30日 更新日:

LibertyWalk LB-Silhouette WORKS GT 35GT-RR Ver.2

リバティーウォークのLB-Silhouette WORKS GT 35GT-RR Ver.2です。
リバティーウォークのメインブースではなく平置きされていたホワイトボディのLB-シルエットワークスGT。

フルドライカーボンのメインブースの LB-シルエットワークスGT・35GT-RR とは違い、こちらはFRP製と思われるホワイトボディなので形状が良く分かりますね。

何しろ人気のリバティーウォークブース。
まして平置きとなれば近くでのぞき込む人の多いこと!

展示されていたLB-Silhouette WORKS GT 35GT-RR Ver.2の全体を撮影するのも一苦労です。
一瞬の人の切れ間を狙っての撮影で何とかおさえた前後からのショットなのです。

フルドライカーボン製のLB-Silhouette WORKS GT 35GT-RRと同様、ノーマルより延長されたフロントノーズ。

空気の流れが見えてきそうなデザインのフェンダー。
注目はボンネットのルーバーでフィンがシャープでカッコイイ。

LB-WORKSのビス留めワイドフェンダーのでデザインを踏まえつつフィンのように跳ね上がるLB-Silhouette WORKS GTのデザインと自然に繋がるリアフェンダー。

リアから見るとフェンダーの張り出し具合が分かります。
地面に近くなるほどイン側に窄まっていくデザイン。
ボディ側リアエンドはホワイトとブラックの2トーンに塗分けられていますね。

LB-Silhouette WORKS GT 35GT-RR Ver.2は新デザインのウィングを装備

リバティーウォークでは、LB-Silhouette WORKS GT 35GT-RRには Ver.1とVer.2のラインナップが用意されています。

Ver.1はスワンネックタイプのGTウィングで、Ver.2はこの新デザインのリアイング装備のバージョン。

左右の翼端板がウィング面を支えるステーとなるデザインです。
中央に1本支柱となるステーが据えられているのが特徴。

スーパーGTのレーシングカーを参考にされているようで、水平に延長されたスポイラーがトランクデッキから延びています。

LB-Silhouette WORKS GT 35GT-RR Ver.2のホイールは LD97 Forged LD10の別注モデル

ホイールは先にご紹介したフルカーボンのLB-Silhouette WORKS GT 35GT-RR Ver.2も履いていたLD97 ForgedのLD10、LB-WORKS別注モデルを履いていました。

というわけでリバティーウォークのメインブースの隣に平置きされていた LB-Silhouette WORKS GT 35GT-RR Ver.2 。

間近で見られるのはヨカッタですが、写真を撮るとなると大変でしたね。
人が多くてリバティーウォーク人気が伺えました。

ミニカー映えしそうなデザインの LB-Silhouette WORKS GT 35GT-RR Ver.2 ですからミニカーで発売されるのが楽しみです!

 


 

 

▼関連記事はコチラ
無理しないで行く東京オートサロン2020

東京オートサロン2020でMINI-GTの新製品! LB-Silhouette WORKS GTが展示

リバティーウォークのLB-シルエットWORKSウラカンGT【TAS2020 Anti Social Social Clubコラボ】

リバティーウォークのLB-ER34スーパーシルエット スカイラインが東京オートサロン2020に登場。本物DR30との比較も

MINI GTの新製品LBシルエットワークスGTのウラカンがプレオーダー開始。リバティーウォーク35GT-RRはまだ?

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-チューニングカー, ニッサン, リバティーウォーク, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.