車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

チューニングカー 東京オートサロン

ダックスガーデン・ホンダS660はエアロフロントアンダースポイラーが効果的【DUCKS-GARDEN HONDA S660】

投稿日:

ダックスガーデン・ホンダS660【DUCKS-GARDEN HONDA S660】

DUCKS-GARDEN_HONDA_S660_01
ナイチンゲールという名のNC型マツダ・ロードスターを作ったダックスガーデンの出展車両はもう1台。
ホンダS660です。
ダックスガーデンのオリジナル・エアロを纏うホンダS660は「小柄で小粋な小悪魔スタイル」をコンセプトに謳い、小さくても粋で・・・小悪魔はちょっと分かりませんが、いずれにせよ、見た目と実用性を求めたエアロパーツが装着されています。

純正には設定のないフォグランプの埋め込まれたエアログリル一体型フロントバンパーは、左右の開口部がブラックアウトされてイカつい印象。
ボディー色で全体が塗られているのとは、また違った印象です。

そのフロントバンパーの下にはエアロフロントアンダースポイラーが装着されて、3.5cm低くなっています。
このエアロフロントアンダースポイラーは、ノーマルバンパーにも装着可能で翼端版を持つエアロ形状がノーマルバンパーにも映えるデザイン。
ノーマルの印象をエアロフロントアンダースポイラーだけの装着でも大分変えることが出来ると思います。

注目はリヤフェンダーサイドエアインテークダクト。純正ダクトと交換するタイプでボルトと両面テープで固定が可能。そんなお手軽パーツながら、フレッシュエアを積極的にエンジンに送り込むのに有効な形状をしています。

かなりオリジナリティーあるデザインのリアバンパーは純正がダミールーバーなのに対して、ダックスガーデン・ホンダS660はきちんと機能しているルーバーで、エンジン内の熱をネット付きルーバーから排出することが出来るそうです。

Aピラートップはちまきスポイラーはソフトトップ接合部のスキマからの風の進入を防ぐ役割。
エアロボンネットスポイラーなんていうのも、懐かしい装備です。
最近、見ることがなくなりましたね。エアロボンネットスポイラー。

さて、そんな実用的機能を兼ね備えたダックスガーデン・ホンダS660を見てみましょう。

ダックスガーデン・ホンダS660【DUCKS-GARDEN HONDA S660】 前

DUCKS-GARDEN_HONDA_S660_02
グリルとバンパーが変わるだけで、印象がぜんぜん違いますね。

ダックスガーデン・ホンダS660【DUCKS-GARDEN HONDA S660】 前

DUCKS-GARDEN_HONDA_S660_03
ブラックアウトされた左右の開口部にはプロジェクター型フォグランプが埋め込まれています。

ダックスガーデン・ホンダS660【DUCKS-GARDEN HONDA S660】 後

DUCKS-GARDEN_HONDA_S660_04
フレッシュエアを取り込めるように少し出っ張るように変更されたサイドエアダクト。

ダックスガーデン・ホンダS660【DUCKS-GARDEN HONDA S660】 後

DUCKS-GARDEN_HONDA_S660_05
リアバンパー左右の開口部のルーバーはきちんと穴が開いていてエンジンの熱気を排出してくれます。

ダックスガーデン・ホンダS660【DUCKS-GARDEN HONDA S660】 後

DUCKS-GARDEN_HONDA_S660_06
マフラーはセンター1本出し。

エアロパーツの専門だけあってアイデアがいっぱいのダックスガーデン・ホンダS660。

特にリアのインパクトは結構ありますよ。

エアロパーツ1つ1つに効能がありそうですから、気に入ったパーツを導入して行くのも面白いでしょうね。

▼ダックスガーデンではマツダロードスターもカスタム!


にほんブログ村

-チューニングカー, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.