車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

「 月別アーカイブ:2018年01月 」 一覧

no image

ブルーグリーンのホットウィール、フォード・フィエスタはベースがケン・ブロック選手のジムカーナ車両

ホットウィールのフォード・フィエスタです。
フォード・フィエスタはこれで3台目。
実はご紹介していないフォード・フィエスタはもう1台あったりします。もともとはあのケン・ブロック選手のフォード・フィエスタをホットウィール化したもの。意外とポップなカラーリングもキライではないカーサン。
とくにボディーカラーのブルーグリーンがとてもキレイ。メタリックなのでキラキラです。

no image

LB☆WORKSのNSXと、LB☆PERFORMANCEのNSX。2台の仕様の違いを東京オートサロン2018で確認できました!

2018/01/30   -未分類

LB☆WORKS NSX 東京オートサロン2018/リバティ・ウォーク・ブース 東京オートサロン2018にリバティーウォーク・ブースに展示されたLB☆WORKSのNSXです。 ブラックとワインレッドの ...

no image

ホットウィール、ランボルギーニ・ウラカン LP 620-2 スーパートロフェオをセット販売で購入【 Hotwheels LAMBORGHINI HURACAN LP620-2 SUPER TROFEO 】

ホットウィール、ランボルギーニ・ウラカン LP 620-2 スーパートロフェオです。
前回の記事で7台セットの抱き合わせ販売…もといセット販売で購入したミニカーです。
なかなかホットウィールの実車を手に入れる機会は少なく、自然ネットでの購入になっていきます。そんな中での選択肢のひとつとして、抱き合わせ販売…セット販売での購入という手段もあります。今回は、そんなセット販売での購入のランボルギーニ・ウラカン LP 620-2 スーパートロフェオです。

no image

ホットウィールの本国での販売方法はバンドで吊るしの新巻鮭?セット販売でファンタジーカーごとランボルギーニ・ウラカン LP 620-2 スーパートロフェオお買い上げ!

ホットウィールのランボルギーニ・ウラカン LP 620-2 スーパートロフェオを手に入れたのですが、こちらは、販売方法が抱き合わせ販売で購入した1台。セット販売で安いのですが、欲しい1台に換算するとちょっとお高く買った1台です。面白いのは販売用のプラ製の吊り具に吊られた状態でパッケージされているところ。
本国ではこのスタイルでの販売もあるのでしょうかね。

no image

まるごと1冊、東京オートサロン2018!行った人も、行けなかった人も、無理して行っちゃった人も楽しめます!

2018/01/27   -, 東京オートサロン

まるごと1冊東京オートサロンに展示されたチューニングカーをメインに紹介しているOPTION。
行った人も、行けなかった人も、無理して行ったカーサンも楽しめる本書。
前に記事にしましたが、カーサンは行った年も行けなかった年も、毎年東京オートサロンのオフィシャルブックを購入して見た車両や見られなかった車両をチェック。
東京オートサロンの余韻を楽しんでいたのですが、去年は待てど暮らせど発売されず。
どうも去年はオフィシャルブックの発売が無かった様子…。

no image

ホットウィールのFORZAモータースポーツのポルシェ911 GT3RSは珍しいシルバー!初売りトイザらスでお安く【Hotwheels PORSCHE911 GT3RS】

12月アタマに発売されましたホットウィールのFORZAモータースポーツの中からポルシェ911GT3RSです。
レトロエンターテイメントでパッケージは豪華。
あの日はFORZAモータースポーツとドーナツ&カーズそしてレギュラーとホットウィールの発売が重なり、このポルシェは予算の関係から買わず仕舞いだったミニカーです。
年の初めのトイザらス初売りで、ホットウィールのFORZAモータースポーツの売れ残りの価格が下げられていましたので、購入。
シルバーの塗装がザラザラした珍しい塗装で面白い。クロームを模したのか、不思議な塗装です。

no image

LB☆WORKSのランボルギーニ・アヴェンタドール・リミテッド・エディションはリバティ・ウォーク加藤代表の50歳記念モデル

LBワークスのランボルギーニ・アヴェンタドール、リミテッド・エディションです。
鈍いシルバーが美しいランボルギーニ・アヴェンタドール。
LB-WORKSのランボルギーニ・アヴェンタドールは去年の東京オートサロンで、ギャラリーEXEの「赤い彗星EXE」を見ていますが、今回はリミテッド・エディション。
なんでもリバティ・ウォーク加藤代表の50歳を記念して作られた限定モデルだそうです。
フロントディフューザーの形が全く違っていてアグレッシブ。

no image

マジョレット・ミニカーのルノー・トゥンゴはルノー5へのリスペクトデザイン。しかも半額?

買おうかどうか迷っていたマジョレットのルノー・トゥインゴ。
ドラッグストアで半額になっていまして、即購入です。
実車どおりで、なかなかに出来がいい。
まるっとしたボディをよく再現しています。
ボディサイド、前後のドアのペコンとしたプレスラインも表現。
エッジも立っていてイイ感じです。
カラーはブルー メディテラネ(メタリック)を模していると思われますがきれいな反射を見せています。
ホイールが大きくてインチアップした感じにもみえますね。

no image

LBワークスのレクサスLC500は張り出したリアフェンダーに更にワークスフェンダーを追加するド派手なエアロ【 LB☆WORKS LEXUS LC500 】東京オートサロン2018

リバティウォークのLB☆WORKS レクサス LC500です。正確にはLC500hのようです。
レクサスLC500は東京モーターショーの時の記事でご紹介していますが、特徴はやはりリアフェンダーの大きな張り出し。ノーマルでこのフェンダーなら十分と思っていました。いや、これ以上オーバーフェンダーで広げるとバランスがとれないだろうと思っていました。ところが。リバティウォークでは定番のワークスフェンダーをレクサスLC500に装着してきたのです。
結果はちゃんとバランス良くまとまっています。
それどころか、かなりカッコいい。

no image

LBワークスのS30フェアレディZ SPはアオシマ・グラチャン・コレクション第10弾のグッドスマイルオンライン限定カラー

2018/01/22   -アオシマ, ミニカー

アオシマのグラチャン・コレクション第10弾からLBワークスのS30フェアレディZです。
S30のフェアレディZは通常版では手に入れられなかったので、グッドスマイルオンラインショップ限定カラーをゲットしました。
このLBワークスの本物は当ブログでもご紹介していますね。
2016年、2017年の東京オーサロンでの展示のようす。
そちらはこの記事の最後にリンクからご覧頂けます。
実際のカラーはホワイトベースのレッドですが、こちらはホワイトベースのボディに薄いオレンジ。
パッと見、色褪せたように見えるので、昭和感出ていていい。

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.