車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

チューニングカー ランボルギーニ リバティーウォーク 東京オートサロン

LB☆WORKSのランボルギーニ・アヴェンタドール・リミテッド・エディションはリバティ・ウォーク加藤代表の50歳記念モデル

投稿日:2018年1月25日 更新日:

LB-WORKS Lamborghini AVENTADOR Limited Edition 東京オートサロン2018

LB-WORKS_Lamborghini_AVENTADOR_Limited_Edition_01
LBワークスのランボルギーニ・アヴェンタドール、リミテッド・エディションです。
鈍いシルバーが美しいランボルギーニ・アヴェンタドール。
LB-WORKSのランボルギーニ・アヴェンタドールは去年の東京オートサロンで、ギャラリーEXEの「赤い彗星EXE」を見ていますが、今回はリミテッド・エディション。

なんでもリバティ・ウォーク加藤代表の50歳を記念して作られた限定モデルだそうです。
フロントディフューザーの形が全く違っていてアグレッシブ。

ボンネットもベンチレーションのルーバーが追加され、色からするとカーボン製と思われます。
リアのリベット留めワークスフェンダーもダクトが付いて、バージョンが違います。
リアウィングもスワンネックのGTウィングになっていて、限定モデルの違いを見せ付けていますね。
それとフロントサイドのカナード。
だいぶモデファイが加えられています。

鈍いシルバーはマット仕上げのため、艶のない鈍い輝きを放っています。
これはカッコイイ。

先にご紹介している、ランボルギーニ・ミウラ顔のLB-WORKSと、レクサスLC500とともに東京オートサロン2018でベイルアウトした1台でしたので、すごい人だかりで撮影が困難。
撮影枚数が少ないのですが、LBワークスのランボルギーニ・アヴェンタドール、リミテッド・エディションの細部を見てみましょう。

LB-WORKS Lamborghini AVENTADOR Limited Edition 前

LB-WORKS_Lamborghini_AVENTADOR_Limited_Edition_02
明らかに違うリミテッド・エディションのランボルギーニ・アヴェンタドール。

LB-WORKS Lamborghini AVENTADOR Limited Edition 前

LB-WORKS_Lamborghini_AVENTADOR_Limited_Edition_03
ベールアウトした3台がリバティウォークのブース中央に鎮座。キャラクターの違う3台っていうのがいいですね。

LB-WORKS Lamborghini AVENTADOR Limited Edition 前

LB-WORKS_Lamborghini_AVENTADOR_Limited_Edition_04
リアフェンダーに装着されるリベット留めワークスフェンダーにはダクトが装備されています。
よく見ると、サイド・ヂフューザーも違いますね。
目立つウィングはGTのようなスワンネックが採用されています。

LB-WORKS Lamborghini AVENTADOR Limited Edition 前

LB-WORKS_Lamborghini_AVENTADOR_Limited_Edition_05
フロントサイドにカナードが追加されています。
フロント・ディフューザーの造形の複雑なこと!スーパーカーが更にスーパーに。

やはり展示の関係でテールエンドは見ることが出来ませんでしたが、フロント側だけでもかなりのモデファイが行われている、LB☆WORKSのランボルギーニ・アヴェンタドールのリミテッドエディション。

リバティ・ウォークらしいド派手なランボルギーニに仕上がっています。

▼去年のオートサロンに展示されたランボルギーニ・アヴェンタドールの記事はコチラ

▼LBワークスのLC500の記事はコチラ

▼今年のリバティ・ウォークの目玉、ランボルギーニ・ミウラ顔の「LB★WORKS」の記事はコチラ

LB★WORKS関連の記事は▼コチラ
LB★WORKS

このときの東京オートサロンの記事はコチラ▼


にほんブログ村

-チューニングカー, ランボルギーニ, リバティーウォーク, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.