車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

チューニングカー リバティーウォーク 東京オートサロン

リバティーウォーク×Y'z ONEのBMW i8はオーバーフェンダー有りが展示【LB-WORKS × Y’z one BMW i8 No.001】東京オートサロン2019

投稿日:2019年1月24日 更新日:

LB-WORKS × Y’z one BMW i8 No.001

リバティーウォーク×ワイズワン_BMWi8_01
リバティーウォークとY'z ONEのコラボBMW i8です。
Y'z ONEは兵庫県のBMWカスタムショップ。
そのY'z ONEとリバティーウォークのコラボレーションで誕生したのがLB-WORKS × Y’z one BMW i8 No.001です。

去年、ラスベガスで行われたSEMA SHOW2018で発表されました。
近未来的なBMW i8にビス留めワイドフェンダーを装着した時代ギャップをアクセントにしたリバティーウォーくらしい仕上り。
カラーリングが違うので、SEMAショーの車両とは別のものと思われます。


カスタムしなくてもインパクトのあるBMW i8をさらにバージョンアップしたリバティーウォーク×Y'z ONE。

フロント、サイド、リアのディフューザーの他にワイドフェンダーの有り/無しと、リアウィングがGTウィング/ダックテールスポイラーの組合せの違いで4パターンが用意されています。

LB-WORKS × Y’z one BMW i8

LB-WORKS i8 ver.1

ビス留めワイドフェンダー有りでリアウィングがGTウィングのバージョン。

LB-WORKS i8 ver.2

ビス留めワイドフェンダー有りでリアウィングがダックテールスポイラーのバージョン。

LB★PERFORMANCE x Y’z one i8 ver.1

ビス留めワイドフェンダー無しでリアウィングがGTウィングのバージョン。

LB★PERFORMANCE x Y’z one i8 ver.2

ビス留めワイドフェンダー有無しでリアウィングがダックテールスポイラーのバージョン。


というラインナップ。
更に素材がFRP製とCFRP(カーボンファイバー)製が用意されて、オーナーのお好みに合わせてのカスタムが可能です。

リバティーウォークでは、ビス留めワイドフェンダーのラインナップをLB-WORKS、ワイドフェンダーレスのラインナップをLB★PERFORMANCEと呼んでいます。

上記の表記でLB★PERFORMANCE x Y’z oneとあるように、ワイドフェンダー有り無しで販売チャンネルの差別化もされているようです。

ワイドフェンダー有りがLB-WORKSブランドから、ワイドフェンダー無しはY'z ONEブランドからという住み分けのようです。

東京オートサロン2019で展示されていたのは、LB-WORKS i8 ver.1キットを組み込んだバージョンで、LB-WORKSのビス留めワイドフェンダーとGTウィングが装着されています。

LB-WORKS × Y’z one BMW i8 No.001

リバティーウォーク×ワイズワン_BMWi8_02
リバティーウォーク×ワイズワン_BMWi8_03
リバティーウォーク×ワイズワン_BMWi8_05
ダークカラーのボディが迫力のLB-WORKS × Y’z one BMW i8 No.001。

リバティーウォーク×ワイズワン_BMWi8_04
リップのフロントディフューザー。

リバティーウォーク×ワイズワン_BMWi8_06
フロントフェンダーはLB-WORKSビス留めワイドフェンダー。
サイドにはディフューザーが装備されています。

リバティーウォーク×ワイズワン_BMWi8_07
リアフェンダーもLB-WORKSのビス留めワイドフェンダー。
車高はAIRREXのエアサスペンションで車高調整が可能です。

リバティーウォーク×ワイズワン_BMWi8_08
リアアンダーにはディフューザー、GTウィングのタイプ1が装備されています。

BMW i8というだけで、おお!と思ってしまうのに、LB-WORKS × Y’z one BMW i8のパーツを装着したことで更にかなりの目立ち度。

全世界向け発売ならではのエアロパーツですね。

ノーマルのBMW i8のミニカーは楽天で買えますね。▼


<PR>

▼関連記事はコチラ




にほんブログ村

-チューニングカー, リバティーウォーク, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.