車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

チューニングカー 東京オートサロン

トップフューエル・ホンダS660 タイプRRⅡはオリジナル・タービンで180馬力!【TOPFUEL ZERO1000 S660 タイプRRⅡ】

投稿日:2019年2月20日 更新日:

トップフューエル・ホンダS660 タイプRRⅡが180馬力達成!

TOPFUEL_ホンダS660_タイプRRⅡ零1000_01
なんとホンダS660が180馬力!
ノーマル64馬力のホンダS660が180馬力とはオドロキです。

実にノーマルS660の3倍近い馬力。
あんまり驚いたのでブースのスタッフの方にお聞きしたところ、本当とのこと。

東京オートサロン2017で展示されたときの記事「トップフューエル&零1000のS660タイプRRがハイフロータービンで135馬力!」ではハイフローターボンで135馬力を達成していましたが、モアパワーを求めた結果、ブレードを大きくしたオリジナルタービンの採用となったそうです。

トップフューエル・ホンダS660 タイプRRⅡの180ps/7000rpmというスペックを見ると、大きなブレードのタービンを回してパワーを出すので下がスカスカになりそうに思えます。
しかし、大きなブレードのタービンでも街乗りに問題なくらいになっているそうです。

街乗りOKの180馬力。
ここも驚くべきポイントです。

もちろん、オリジナルタービンだけでS660を180馬力まで押し上げたのではなく、大容量インジェクターの採用、鍛造ピストンやH断面強化コンロッド、スペシャル燃焼室加工、などエンジン本体にも手が入っています。

トップフューエル&零1000のS660タイプZEROはストリートメインながら、タービン交換。ん?パワーチャンバーとは?」で記事にしました、パワーチャンバーも装備。

トップフューエル・ホンダS660 タイプRRⅡの一番のキモは熱対策。
油温、吸気音、排気温など、どれも180馬力を達成するには無視できない重要な部分です。

ホンダ車はただでさえ熱を持ちやすいのに、S660は軽自動車にリアミッドシップ。
エンジンルームの小ささは特筆モノです。

自然、エンジンルームの温度は上がりやすくなり、エンジンブローへと繋がります。

そこで、トップフューエル・ホンダS660 タイプRRⅡでは、水冷オイルクーラー、水冷インタークーラー、大容量アルミラジエター そしてウォーターポンプもAPJ製EWP115を採用。
冷やすことに徹底したチューニングが施されています。

最後はエアアウトレット付きカーボンボンネットで風量を確保しています。

壊れない180馬力を目指すなら熱対策は不可欠なホンダS660。
トップフューエル・ホンダS660 タイプRRⅡはそれを実現しています。

エンジンチューンについては、これくらいで、トップフューエル・ホンダS660 タイプRRⅡのエクステリアを見てみましょう。

トップフューエル・ホンダS660 タイプRRⅡ

TOPFUEL_ホンダS660_タイプRRⅡ零1000_02
TOPFUEL_ホンダS660_タイプRRⅡ零1000_03
エアロはガレージベリーのフルエアロを基本にスワンネックタイプのVOLTEX GTウィング TYPE12 SNを装着。
このウィングはミッドシップのトップフューエル・ホンダS660 タイプRRⅡには効果がありそうです。

ホイールはADVANのRG-D2でフロント7.0J、15インチ、リア8.0J、16インチを採用。

トップフューエル・ホンダS660 タイプRRⅡのエンジンフードオープン時

TOPFUEL_ホンダS660_タイプRRⅡ零1000_04
TOPFUEL_ホンダS660_タイプRRⅡ零1000_05
佇まいもいい感じのトップフューエル・ホンダS660 タイプRRⅡ。
車高がバツグンでカッコイイ。
足回りはトップフューエルオリジナルのフルオーダーのブルーダンパー 車高調キット。

TOPFUEL_ホンダS660_タイプRRⅡ零1000_06
TOPFUEL_ホンダS660_タイプRRⅡ零1000_07
エンジンフードが後方に開くS660なので大きな、しかもスワンネックタイプのGTウィングではボディに干渉してしまうのでは?と思いましたが、ご覧ください。
うまくボディを避けるよう設計されているので、問題ありません。

しかも画像でお分かりかと思いますが、GTウィングの重みでエンジンフードが自立しています。
エンジンフードの支えのアームが無くてもパカッと開いて、すぐ作業ができます。

思わぬ恩恵に預かれますね。

トップフューエル・ホンダS660 タイプRRⅡのワンオフマフラー

TOPFUEL_ホンダS660_タイプRRⅡ零1000_08
マフラーはワンオフ、フルステンレスの1本出し。

トップフューエル・ホンダS660 タイプRRⅡのエンジン

TOPFUEL_ホンダS660_タイプRRⅡ零1000_09
剥き出しになったヘッドカバーにサージタンクが印象的。
エアチャンバーが吸気温度を下げようと首を伸ばしているように見えて何だか微笑ましいです。

トップフューエル&ZERO1000のエンジンチューンパーツ

TOPFUEL_ホンダS660_タイプRRⅡ零1000_12
TOPFUEL_ホンダS660_タイプRRⅡ零1000_13
ホンダS660用燃焼室マシニング加工ヘッドや強化コンロッドセット、その奥には鍛造ピストンが見えます。

トップフューエル&ZERO1000のタービンキット

トップフューエル・ホンダS660 タイプRRⅡに搭載されたオリジナルタービン以外にもお手軽なタービンキットが用意されていました。
TOPFUEL_ホンダS660_タイプRRⅡ零1000_11
こちらはホンダS660用HKS GT100Rとトラストのインタークーラーのセット。
数量限定ながら工賃込みで378,000円(税別)のスペシャルプライス。

TOPFUEL_ホンダS660_タイプRRⅡ零1000_10
こちらはエンジンごと展示されていた、ホンダS660用オリジナル・ハイフロータービンキット。
120馬力を狙えるというタービンキットは170,000円(税別)

とS660乗りなら気になるアイテムがいっぱいだったトップフューエルのブース。
トップフューエル・ホンダS660 タイプRRⅡはS660でモアパワーなオーナーは注目ですね。

▼確認しませんでしたが、ガレージベリーのハードトップも装着されていたかも。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ガレージベリー S660 DBA-JW5 ハードトップ カーボン+FRP 660-003 GARAGE VARY
価格:103572円(税込、送料別) (2019/2/20時点)

楽天で購入


<PR>

▼関連記事はコチラ
ホンダアクセス・モータースポーツ部のS666はS660ベースのK4-GP参戦車両【Honda Access モデューロS666】

44GはホンダS660の専門ショップ!デモカーのストリート快適仕様とK4GP RACINGを展示

リバティウォークのlb★nationはエアロキットでコペンはGT-Rに、S660はNSXっぽくカスタム!【lb★nation COPEN GT-K & SSX-660R】

RS PANTERAのホンダS660・R100仕様はインテークスクープが特徴的!【東京オートサロン2017】

無限GARU【MUGEN GARU】東京オートサロン2017S660ベースのコンセプトカー




にほんブログ村

-チューニングカー, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.