車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ホットウィール ミニカー

SRTバイパーGTS-Rのホットウィール

投稿日:2019年5月19日 更新日:

ホットウィール・SRTバイパーGTS-R


ホットウィールのSRTバイパーGTS-Rです。
2012年のニューヨーク・モーターショーで発表されたバイパーのレーシングカー。
640馬力V10エンジンのハイパワーマシンです。

同年にアメリカン・ルマン・シリーズでデビューし、翌年、2013年のルマン24時間耐久レースに出場しています。
が!2014年は辞退。
ルマン24時間耐久レースへは1度きりという悲運のマシンです。

ルマン挑戦は1度きりでもホットウィールではカラーバリエーション多数のSRTバイパーGTS-R

2015年にファーストエディション…いやニューモデルとして新金型で登場したSRTバイパーGTS-Rのホットウィール。
最初のカラーリングは2013年のルマン24時間に挑戦したカラーリングを再現していました。

当ブログではすでに「SRT VIPER GTS-Rのホットウィールはドハデなカラーのレース仕様」でご紹介済み。

出来についてはそちらをご参照頂くとしまして、今回はグロスブルーのカラーリングについてみて参りましょう。

出来はイマイチながらもグロスブルーのカラーはキレイなSRT VIPER GTS-Rのホットウィール


以前手に入れましたのはホットウィールのロゴがボディサイドにデカデカと印刷されたド派手なバージョン。
今回のは近年のレーシングカーっぽい細かなスポンサーステッカーが貼られたリアリティあるカラーリング。
ボディ本体のカラーもグロスブルーのきれいなモノで、イイ感じ。

カーナンバーの表示が実車同様のホットウィールのSRTバイパーGTS-R


カーナンバーの表記が実車のデザインと似ていていい感じ。
白地の丸にわざわざ四角いゼッケンを入れるという。
サイド出しマフラーが丸く抜かれているのはソレっぽくていい。

ヘッドライトは印刷なるもテールランプはナシのSRTバイパーGTS-Rのホットウィール


ツリ目のヘッドライトは印刷で表現されたホットウィールのSRTバイパーGTS-R。
カラーリングに凝ったため、テールランプは印刷なし。

リアウィングは抜けているのはヨカッタです。

出来はイマイチなホットウィールのSRTバイパーGTS-Rですが、カラーリングがキレイだと買っちゃうんですよね。
元々バイパーが好きなので、点数が甘くなってしまいます。

▼楽天で買えますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

-19124BL- HOT WHEELS ホットウィールズ BASIC CARS...
価格:400円(税込、送料別) (2019/5/19時点)

楽天で購入

<PR>




当ブログ関連記事はコチラ▼

ホットウィールのフォルツァモータースポーツの’13SRTバイパーはライトグリーンメタでキレイ【 Hotwheels FORZA MOTORSPORT '13 SRT VIPER 】

ダッヂバイパー【Dodge Viper SRT-10 ACR】のホットウィール・ミニカー:TOYOタイヤのロゴ入り

ホットウィール・ミニカーのダッヂバイパーGTS-R【Hotwheels Dodge Viper GTS-R 2001 First Editions】2001ファーストエディション

今月は買えた!トミカのシボレーカマロの初回特別仕様!CHEVORLET CAMARO SS scale1/66

マテル傘下のホットウィールとマッチボックスミニカーの違いを比較してみました【クライスラー300】


にほんブログ村

-ホットウィール, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.