車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ホットウィール ミニカー

'68 EL CAMINOのホットウィールはエンジン剥き出しカスタムカー

投稿日:2019年6月13日 更新日:

'68エルカミーノのホットウィール


ホットウィールの68年式エルカミーノです。
ピックアップトラックのエルカミーノの荷台にエンジンが搭載されたカスタムバージョンです。
クーペのようなスタイリッシュなピックアップトラックのエルカミーノ。

キャビンの直後にエンジンを移動したことでミッドシップ化されたというコトでしょうかね。
シャシーを見るとフロントにはデフがないのでフロントにもエンジンが載っていることはなさそうです。
見た目はかなり乱暴な感じですが、それがアメリカっぽい。


ホットバージョンの7.4リッターV型8気筒エンジンが搭載されていると思われるホットウィールの'68エルカミーノ。

エンジンはエアンネルが剥き出しでスーパーチャージャーなどの過給機はないNAのようです…

いや…エアファンネルの下に大きな物体。
これはスーパーチャジャーでは?
うーんスーパーチャージャーにエアファンネル8つ…。

そういうこともあるんですかね…。
吸気量減っちゃいますよね…。

しかもV型8気筒エンジンを横置き。
デフを見ますとセンターに…??

V型なので前後からエキマニが出てしまうのでフロント側から延びているエゾーストパイプは長くなり…リア側と排気干渉が起きそう…デロデロ音が聞こえてきそうです。

!いやいや今、気が付きましたがV型だからバンクごとの排気なので合流しないから排気干渉は問題なし。
エキゾーストの問題はクリアです。

…とか、気にしてはいけませんね。
ミニカーですし。

しかしアメリカのカーマニアは無茶なカズタムをしていますかからV8横置きやっちゃうかも?

そういったことも想像できるのはホットウィール・カスタムのイイ所です。

Hotwheels '68 EL CAMINO


もともとのエルカミーノがカッコイイ、ピックアップトラックなのに荷台にひょっこりエンジンが剥き出しで搭載されている…バランス悪いですね。

荷台に荷物としてエンジンが積んであるようにしか見えません。


ホットウィールのエルカミーノは同じ金型でバリエーションがあるようで、中にはデカデカと荷台にウィングがそそり立っているバージョンもあるようです。

スタートでぜったいウィリーしてしまうぞ!ってくらい大きいウィングです。
ホットウィールとはいえ無茶なカスタムです。

そういった意味では、今回ご紹介のバージョンはまだまだ大人しいほうといえます。

荷台にはトノカバーの付いた'68 EL CAMINOのホットウィール


'68 EL CAMINOのホットウィールは荷台のエンジンの後方はトノカバーで覆われています。
もともと荷物を積む気はないのでしょうが、エキゾーストパイプとの位置関係からするとトノカバーの下に少しは荷物が積めそうですね。

ファーストエディションは1999のホットウィールの'68エルカミーノ


シャシー裏に1999と2014のモールドのある、ホットウィールの'68 EL CAMINO。
長い歴史を感じます。ほぼ20年選手です。

その間にバリエーションを増やして今日まで生きながらえてきたホットウィールの'68エルカミーノ。
お疲れ様です。

▼楽天ではグリーンのエルカミーノが買えますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HotWHeeLs HW MUSCLE MANIA '68 EL CAMINO ...
価格:216円(税込、送料別) (2019/6/13時点)

楽天で購入

<PR>

▼関連記事はコチラ


ローソンで発売されたホットウィールのマツダREPU

新金型のフォルクスワーゲン・トランスポーターT1ピックアップはホットウィール・チームトランスポートのスライドギミックでポルシェ356を積載

ホットウィール50周年アニバーサリーフェイバリットの60年式フォード・エコノライン・ピックアップはカスタム仕様のフレイムス

'65フォードランチェロはローソン限定発売のホットウィール50周年アニバーサリーゴールド&ブラックの1台

エラー品ホットウィール ’67年型シェビーC10は単なるハズレの欠陥品 【 Hotwheels '67Chevy C10 】


にほんブログ村

-ホットウィール, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.