車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ホットウィール マツダ ミニカー

IMSA風エアロのRX-7(SA22C)がホットウィールに

投稿日:

今月手に入れたRX-7のホットウィールです。
SA型のサバンナですが、ノーマルではなく、IMSA風エアロを纏っています。

デイトナ24時間耐久レースでデビューし、1-2フィニッシュだったアノマシンを模したエアロですね。

前からSA型RX-7のホットウィールは手に入れていましたが、ご紹介するのは初めて?かも知れません。

メタリックブルーのボディは目を惹きますね。

SA型RX-7も油断すると、件のポルシェに似てしまう再現が難しいデザインですが、きっちりサバンナRX-7と分かる再現度。

ややアレンジが効きすぎている感がありますが、それ故サバンナに見えるということもあるかもしれません。

少しフロントリップが下がり気味?しかし、それが逆に当時多かった自作エアロっぽくもあってアリかも。

大きく張り出したフェンダーに合わせるようにマイナスオフセットのラウンドしたホイールもイイ感じ。

反射で分かりづらいですが、ボンネットにボディカラーより明るいブルーで太いストライプが印刷されています。

リアウィンドウはクリアパーツの一体成型。実車は中央のウィンドウ部がハッチとして開閉します。

再度から見るとフロントリップの垂れが良く分かります。

ボディサイドもボンネット同様明るいブルーでストライプが印刷されています。

ベーシックカーなので3面印刷で、リアへの着色は無し。
しっかりモールドがあるので、SA型RX-7らしさを感じられます。

純正はデュアルのマフラーは大口径のシングルになっていますね。

シャシー裏はミッションケースとデフもモールドされています。
最近あっさり目が多いホットウィールの中ではイイ感じ。

 

さてIMSA風エアロのSA型RX-7を見て参りましたが、今回のカラーはナカナカ良いですね~。

良く見ると明るいブルーでストライプが入っていたり。
まだまだ店舗でも売られている店が多いので、まだ手に入れていなかった方は手に取ってご覧ください。単色ブルーメタではないのがお分かりいただけると思います。

 


 

 

 

▼関連記事はコチラ
当ブログのホットウィールの記事

日産スカイラインR33GT-Rのホットウィールは後から手に入れたワイルドスピード

ファスト・チューナーズ(ホットウィール・ワイルドスピード・プレミアムシリーズ)の日産S15シルビア

ニッサン・スカイライン2000GT-Xのホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

ニッサン・シルビア(CSP311)のホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-ホットウィール, マツダ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.