車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ホットウィール ミニカー リバティーウォーク

LBシルエット・ワークスGTニッサン35GT-RR VER.2のホットウィールのレッド

投稿日:

LBシルエット・ワークスGTニッサン35GT-RR VER.2のホットウィールです。

1stカラーはブルーでカルソニックを模し、2ndカラーはレッドでトミカ・シルエットを匂わすカラーリング。

LBシルエット・ワークスGTニッサン35GT-RR VER.2は「LB-シルエット・ワークスGT・ニッサン35GT-RR VER.2のホットウィール」で1stカラーをご紹介しておりますが、今回は先日発売されたレッドをご紹介です。

ブルーも実車がありましたが、レッドも実車がありまして、レッド×ブラックのいわゆるトミカカラーの実車は複数存在しています。

ボディサイドに「LBWK」と書かれたバージョンはピュアエディションベースのR35で、その他にNISMOベースのR35に「LBWK」の部分が「NISMO」と書かれているバージョンが存在します。

ニスモの方はリバティーウォークのHPでは「LB-Silhouette WORKS GT NISSAN 35GT-RR “nismo” GT Wing Ver.」と表記され、カラーに関しては「LB original TOMICA color」と表記されていますね。

このニスモベースの方はスワンネックタイプのGTウィングなので、ホットウィールはピュアエディションベースの方を模したと思われます。

ホットウィールながらトミカカラー。ミニカーならでは。ですね。

もっともキットを組んでカラーリングを施せば、実車は何台も作れます。完全にトミカ・シルエットのカラーリングを再現することも可能なワケです。

逆にホットウィールのカラーリングを実車に施すことも可能。これは大人の楽しみ方ですね。

ホットウィールのベーシックカーながら、前後左右4面印刷が奢られるLBシルエット・ワークスGTニッサン35GT-RR VER.2。

人気があるので数が佩けると考えてのことでしょうね。
もっともフロントの印刷はグリルのみ。コスト増を抑えています。

実車を模したとはいえ、印刷は1stカラーと同じ使いまわしですので、ゼッケンは「5」ではなく「12」のまま。

ミニカーながらリアビューの迫力は実車のLBシルエット・ワークスGTニッサン35GT-RRを感じさせますね。少し誇張気味ですが、これくらいの方がイメージがイイ。

1stカラーのLBシルエット・ワークスGTニッサン35GT-RR VER.2と並べてみました。

ブルーとレッドが揃うと色味的にはイエローが欲しくなりますね。

となると、次は印刷のデザインを変えてニチラカラー?
3rdカラーがニチラカラーかどうか?楽しみです。

 



 

 

 

▼関連記事はコチラ
当ブログのホットウィールの記事

MINI GTのLB-Silhouette WORKS GT NISSAN 35GT-RR Ver.2 White LBWK RACING EDITION

イノモデルINNO64-Rの日産スカイラインLBWK"ER34"スーパーシルエットをリバティーウォークの実車と比較

近くで見れた!LB-Silhouette WORKS GT 35GT-RR Ver.2

リバティーウォークのLB-シルエットワークスGT・日産35GT-RRのJPSカラー【MINI GT】”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-ホットウィール, ミニカー, リバティーウォーク

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.