車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

MINI GT トヨタ ミニカー

MINI GTのGRスープラをHKSとパンデムで比較

投稿日:

同じビス留めワイドフェンダーを備えたGRスープラですが、アプローチの違うHKSとパンデムをMINI GTのミニカーで比較してみようと思います。

それぞれ、「HKS ADVAN GR SupraはMINI GTの新作アドバンGRスープラ」と「パンデムのトヨタGRスープラ【MINI GT】」の記事でご紹介済みのMINI GTのミニカー。

HKSのGRスープラはADVANカラーなので違いが分かり辛いかと思いましたが、ご覧の通り全く違います。

特にリアフェンダーの形状が全然違います。
丸みを帯びたネオワークスフェンダーのパンデムに対し、スーパーGTのレース車両のような後端をフラップ状にして空力的アプローチが見えるHKS。

フロントフェンダーもHKSのほうがスーパーGTに似たルーバー付きのフェンダーで後部が角ばっています。

リアフェンダーのリアカナードなどの付帯パーツも違いのひとつです。
リアウィングはパンデムのほうが外側に張り出して装着されるので大きく見えますが、HKSのほうが大型ですね。

一番大きな違いはリアウィング。ウィング翼端をステーで斜めに結んだパンデムGRスープラと、ヴァーチカルステーでGTウィングを支えるHKS GRスープラは明らかな違いとして見ることができます。

フロントリップにも違いがあります。HKSのほうが出っ張っていますね。

ホイールも違います。メッシュのパンデムと5本スポークのHKS。5本スポークだとブレーキディスクの再現がないのでスカスカなのが惜しい所。

上から見るとフェンダーの違いが良く分かりますね。

リアフェンダーはHKSのほうがリアまで伸ばされているのでボリュームを感じます。横幅も2mオーバーのHKSのほうが広いですね。

パッケージはMINI GTが新パッケージとなってカラーリングに応じたパッケージカラーとなっています。

結構目立つパッケージですね。

というわけでHKSとパンデムのGRスープラを比較して参りましたがいかがでしたか?
HKSがADVANカラーだったとい事もあって、違いが分かり辛いところではありましたが、並べてみれば違いは明らか。

どちらか…ではなくどちらも手に入れておきたいですね。

 

 

 

▼関連記事はコチラ
トヨタGRスープラのMINI GTのパンデムと京商のノーマル1/64ミニカーを比較

MINI -GTのLB★WORK日産R35GT-R Livery2.0のBlueでLB Type2エアロ

トヨタGRスープラ トミカ50周年記念仕様はdesigned by Toyota

MINI GTのチェイスカーとは?!LB★WORKSランボルギーニ・ウラカンGTの通常版との違い

当ブログのGRスープラ関連記事

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-MINI GT, トヨタ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.