車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

トミカ トヨタ ミニカー

WRCのホモロゲはどうなった?トミカのトヨタGRヤリスで気になったその後

投稿日:2020年10月21日 更新日:

トミカの日に手に入れました、トミカのトヨタGRヤリスですが、そういえばホモロゲってどうなった?と思い、販売台数を調べてみようとググってみますと、ネット上では特にその辺りは触れられていない様子。

もっとも来期はGRヤリスではなく、現行型での参戦が決定しているのでホモロゲどうこうではないのですが…。

ホモロゲ獲得のために、一肌脱ぐか!と購入したファンには肩透かし?そういうファンがどれだけいたかは分かりませんが、こんなところにもコロナの影響が出ていますね。

2022年からはハイブリッドメインにレギュレーションが変更とのことで、このままのGRヤリスではないハイブリッドでの参戦となりそうですね。

さて、トミカのトヨタGRヤリス、今回は通常仕様のスーパーホワイトⅡ。

カーサン的には初回特別仕様より東京オートサロンでも見ているスーパーホワイトⅡのトヨタGRヤリスのほうが、馴染みがあります。

カラーリング以外は同じですから出来についてはいうことありません。

しかし子供向けトミカとはいえ、ちょっとシンプル過ぎる?
ボディのプレスラインはスーパーホワイトⅡのほうが分かりやすいかもしれません。

Aピラーのドアミラーの付け根、Bピラーのガーニッシュもブラックで塗られています。
Bピラーなんてウィンドウのクリアパーツにモールドすればいいくらいに思いますが、きっちりボディ側ダイキャスト成形するこだわり。

リアフェンダー上のテールランプの周り込みの塗り分けがスゴイ。
きっちりモールドに合わせた塗り分けは手間がかかっていますね。

こういう仕事がトミカのスゴイところ。

ホワイトボディにブラックの塗り分けなので、少し塗料の汚れが見えますね。
タンポ印刷のときに飛び散るのか?それとも塗りの際の吹付漏れなのか?彩色方法が分からないので分かりませんが、バッチリ一の合うこの塗り分け技術の秘密を知りたい。
トミカを生産している工場見学がしたいですね。

ところで、パンデム&ロケットバニーブランドを展開するTRA京都からGRヤリスのエアロがリリースされるようです。

動画はコチラ
これも気になりますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トミカ No.50 トヨタ GR ヤリス
価格:369円(税込、送料別) (2020/10/17時点)



 

 

 

▼関連記事はコチラ
GRヤリスの特別仕様車GR YARIS RZ "High performance" 1st Edition とラリーコンセプト

TOYOTA GAZOO RacingヤリスWRCが第1戦モンテで2位!東京オートサロン2017展示車両【画像資料】

東京オートサロン2019のGR トヨタGAZOO RacingはGRスープラ スーパーGTコンセプトの展示!

20台限定のメルセデス AMG GT S カーボンパフォーマンスリミテッド【Mercedes-AMG GT S Carbon Performance Limited】

トミカのメルセデス-AMG GT Rは6月発売の実車を速攻ミニカーで!

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-トミカ, トヨタ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.