今年も無理しないで行ってきました!東京オートサロン2019!!

例年どおり、無理しないで行く東京オートサロン、2019年も無理しないで行ってきました!
昔は仲間と車で大渋滞の中会場と同時に入場し、舐めるように見て廻りましたが、だんだん年をとってくると無理が利かず…。
でも行きたい東京オートサロン。

ならば、午前中は寝ておいて午後から東京オートサロンに行けばいいではないか!と、ここのところは無理しないで行くオートサロンを実行しています。

東京オートサロン2019_000


 
今年は土曜日に行けたので、日曜日もしっかり休めます。
体に優しい今年のオートサロン…と思ったら、現地に降り立つと雨が降っています。

パラパラ程度なので大丈夫な範囲ですが、やばいこのまま降り続いて雪になったら…シャレにならん!

と思いつつも気持ちはもう東京オートサロンにいってますから、「なるようになるだろ。」と会場入りです。
一応、嫁に天気の様子を逐一知らせろと指令を出しておいての入場です。


相変わらずのバブリーな会場!
平成真っ只中!て感じの活況です。

人、人、人…!
こんなに人がいるって東京モーターショーでも、こんない人はいませんでしたよ!
冒頭の画像では閉館前なので大分人が減ってますが、お昼の段階ではかなりの人出でした。

前日のTVニュースでは過去最大の出展者だそうで、この活況も頷けます。

さてさて、日曜日に行かれる方々もいらっしゃるでしょうから、カーサンなりの東京オートサロン2019で見ておきたいクルマたちをご紹介。

東京オートサロン2019で見ておきたいクルマたち

次期スープラとGR Supra SUPER GT CONCEPT
東京オートサロン2019_01

TRD 80スープラ GT500・モディファイモデル

東京オートサロン2019_02

スフィアライト&LIBERTYWALKコラボの光岡オロチ

東京オートサロン2019_03


お馴染みリバティーウォークブースのスーパーカー

東京オートサロン2019_04

ロベルタブースのカスタムスーパーカー

東京オートサロン2019_05

TCWブース 4LAWSナローポルシェ

東京オートサロン2019_06

ダイハツ P-5

東京オートサロン2019_07

無限シビック・タイプR MUGEN RC20GTパッケージ プレプロダクションモデル

東京オートサロン2019_08

ホンダ・アクセス Modulo Neo Classic Racer (モデューロネオクラシックレーサー)

東京オートサロン2019_10

日産 フォーミュラE(フォーミュラE選手権) & リーフ・ニスモRC

東京オートサロン2019_09a

トヨタGAZOO Racingの次期スープラの展示はキャンギャルのオネーサンがいなくても人垣で見えないくらいの人気でしたよ!

人気のリバティーウォークにはガルフカラーのランボが!
ロベルタブースはニュースでも紹介されたカスタム費用1億円というゾンダが!

ボディを可能な限りカーボン化したというポルシェ911もリアルカーボンのオーラを放っていましたね。

東京オートサロン2019で次期スープラに次いで楽しみだったダイハツのP-5も見られました!
おぎやはぎのクルマ番組が撮影に来てエンジンフードも開けていたのですが、TV撮影中は撮影禁止。
いまだTVって体質が古いままですね。

無限シビック・タイプR MUGEN RC20GTパッケージ プレプロダクションモデルは予想以上にカッコイイ。
落ち着いて見れなかったのが残念です。

ノーチェックだったのがホンダ・アクセスのModulo Neo Classic Racer (モデューロネオクラシックレーサー)。
これはかなりカッコイイ!
市販されたらカーサンも欲しい!
市販化希望です!

日産 フォーミュラE(フォーミュラE選手権) と リーフ・ニスモRCは予想通り。
カッコイイのは間違いないですが、サイズ感とか質感とか予想通りだったので、おお!と驚きはしなかったかなぁ。
すでにネットの画像で見ていたからかも。



まだまだあるので、続けてアップしますね。

なにしろ今日撮影の撮って出し。

ネタは新鮮ですよ。



<PR>
▼関連記事はコチラ















にほんブログ村