KURE(クレ) オイルシステムでエンジ性能回復~オイル添加剤~

KUREオイル添加剤オーバー5万キロ
やろうやろうと思っていたオイルの添加剤の注入。
ようやく行いました!

修理屋さんからピストンリングが摩耗してきているといわれた距離の進んだ営業車フィット。
このKURE(クレ) オイルシステムの注入で効果のほどは?
ワクワクです。

エンジンのオイル注入口から入れるだけのオイル添加剤、KURE(クレ) オイルシステム

ピストンリングが摩耗となると修理するにはエンジンヘッドをバラさなくてはならないので、10万以上のお金がかかるのは明白。

なるべくピストンリングを持たせたいので、オイル添加剤を注入しようと思っていました。
で、用紙しましたのが、KURE(クレ) オイルシステム。

もっと高いのも安いのもあったのですが、高いのは効果が感じられなかったら悲しいですし、まずは1000円くらいので様子見です。

箱から出しますと定番のこの形。
KUREオイル添加剤オーバー5万キロ2
メーカーもKURE(クレ)ですから安心です。

用法は簡単。
エンジンのオイルフィラーキャップを外して入れるだけ。
フィットのオイルタンクは3リッター(オイルのみ)なので半分入れればよいと説明にあります。

この暑さでオイルフィラーキャップがかなり固くなっていてモンキーで回さないと開かないくらいになっていました。
夕方に始めたのですが、炎天下ではいろいろ危険かもしれません。

あとはオイル給油口に入れるだけ。
透明ではないので大体の重さで半分くらいを注入です。


注入後5分間アイドリング

コーティングさせるため、5分間アイドリングさせます。

…5分後。

エンジン音は特に静かになった感じはありません。
ムム。あまり効果を感じないパターンか?

と、ちょっと期待薄。


KURE(クレ) オイルシステムを注入後、試走してみたら…

期待薄になりながらも、KURE(クレ) オイルシステムを注入後の初走行。
さてさて、いかがでしょう?

ムムム。これは…?

感覚のお話ではありますが、KURE(クレ) オイルシステムの注入前と後では、エンジンのざらつきが消えました。
機械的なカッチリ感が薄くなりふわっとした感じ。

うまく言えないのですが、オイル交換直後のヌメリ感とも違う、ふわっとした感じなのです。

でも確実に違いが体感できました。


走行距離が15万キロを超えた営業車だから体幹出来たと思います。
5万キロオーバーくらいの車にKURE(クレ) オイルシステムを注入しても体感できるほどの違いではないかもしれません。

走行距離の進んだ車にこそKURE(クレ) オイルシステムの効果は体感できるものと思います。



毎日乗る車は距離が進んでも調子がいい。乗らない車は走行距離が進まなくても調子が悪い

毎日乗っている車にはトラブルが少ないのは、エンジン内にオイルが行きわたっている状態かどうかという点が大きいと思います。

乗らないとエンジンオイルがオイルパンまで落ちてしまい、金属面にオイルがない状態に。
そこにエンジンをかけるので金属面が擦れ合い摩耗する、これをたとえば1週間に一度繰り返すと摩耗が進み、エンジンが痛んでいってしまうわけです。

毎日乗っている車はオイルが落ちきる前にエンジンがかかりまたオイルが循環するので常にオイルがエンジンを保護している状態になっており、摩耗が進まないというわけです。

一週間に一度や一か月に一度しか乗らないような車は要注意ですね。

カーサンは免許取り消しを食らっていた時期があったのですが、その時は定期的にエンジンをかけてオイルを切らさないようにしていました。

友達に近所を運転してもらったりもしましたね。

それでもやはり毎日乗っていた時より1年後に自分で乗ったら調子は悪くなっていました。



オイルって大事ですね。

お盆休みは車のメンテ。
しっかりやりましょう。




▼楽天ではお安く買えますね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KURE(クレ) オイルシステム【多走行車用】 2121
価格:699円(税込、送料別) (2019/8/12時点)







<PR>





当ブログ関連記事はコチラ▼
ユーザー車検で不合格になり易い(落ちやすい)のは車高?マフラー?いえいえ、普通の車のあなたも落ちるかもしれないヘッドライトの光軸

ありえない!大型トラックで運転しながら弁当食ってマンガも読んでいるドライバー

運転暦を年数でいうのはナンセンス。せめて生涯走行距離で示すべき。

0円で出来る安全運転

高級外車やスーパーカーはラッピングされて納車される?ブガッティ・ベイロンにみる納車風景と国産車ディーラーの磨きテク






にほんブログ村