車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

東京オートサロン

バーチャルオートサロンでHKSスカイラインGT-Rを見よう!

投稿日:

さぁ開催されましたバーチャルオートサロン。
期待半分不安半分で入場しましたが…やはり…。

不安のほうが的中。

操作しづらい…。

全然直感的ではないのでしばらくPCの前で悪戦苦闘した末、キーボードのカーソルとマウスの併用がベストと気が付きました。

PCでゲームしている方は、さっと分かったかもしれませんが、普通の人は10秒で挫折するでしょうね。

カーサンのようなオッサン世代は特に。

問題は操作方法に留まらず、各ブースに行ってからも。
多くのブースが展示車両をビジュアルで見ることは出来ず、スペックリストのみ。

いやいや車のビジュアルが見たいんです。
スペック見て満足なんてありえません。

3Dモデルでなんて期待してませんが、画像でいろいろな角度からみられるのかな~もしかしてバーチャルだから360度撮影した画像でグルっとみえたりする?などと期待していたのですが…。

画像はブースに配置されている1枚だけ…。

これでは、バーチャル移動してまで見ませんね。

HKSは独自のVR BOOTHを用意

そんな中さすがのHKS。
独自にVR BOOTHが用意されていて、こちらはグーグルマップに近く非常に直感的で見やすい。

このシステムをバーチャルオートサロンでも採用すればよかったのに。

西 Hall 1, Hall 2, Hall 3 > Hall 1 > ENTERでルームに入る > ブース一覧リスト > エッチ・ケー・エス (GO)

の順でHKSブースに行けますので、ブースのメインステージ向かって左側のエアクリーナーの見えるエンジンルーム画像の「OPEN LINK」をクリックでHKSのWEBサイト上のPremium Salon On line 2021のページに行けます。

そのページの「VR BOOTH」の下の画像リンクからHKSのバーチャルブースを見ることができます!

HKS スカイラインGT-R グループAも展示

このHKSブースでは恐らく今回東京オートサロンが開催されていたらメインだったはずのHKSレーシングパフォーマーGRヤリス筑波タイムアタック仕様(コックプット内部を360度見られる)や、過去のオートサロンで展示された、

HKS TRB-04(スイスポプロジェクトによるスイフトスポーツ)

GRスープラ・ドリフト by HKS

HKS GR Supra AERO

なども展示されています。

先日「MINI GTの1/64 HKSスカイラインGT-R グループA(1993全日本ツーリングカー選手権参戦車)」でご紹介のHKSスカイラインGT-RグループA仕様も展示。

結構近くで見られる(PCの場合マウスのホイールをくるくる回すと拡縮できる)ので、細かいところまで見えるのでミニカーと比べることも可能です。

あ、あと裏技(?)ですが、HKSカラーの神戸トヨペット・トヨタ86の後ろの壁をクリックすると、トヨタ86のリアウィンドウ部分内部の構造を見ることができます。

壁の下の床にこっそり移動マーカーが配置されていて、覗き見ることができます。
視点を隣に移せばGRスープラ・ドリフト by HKSのナサダクトもみられますヨ。

またチューニングパーツメーカーのHKSらしくチューニングパーツも展示。
角度を変えて見ることができます。

というわけでバーチャルオートサロンで挫折した方もHKS のVR BOOTHならサクサク見ることができると思います。

ぜひご覧ください。

 

 

 

▼関連記事はコチラ
イノモデルの1/64日産スカイラインGT-R「カルソニック・チーム・インパル」INNO64 NISSAN SKYLINE GT-R R32#12 "CALSONIC TEAM IMPUL" IN64-R32-CA12

MINI -GTのLB★WORK日産R35GT-R Livery2.0のBlueでLB Type2エアロ

MINI GTのJPSカラーのLB★WORKS R35GT-Rとウラカンのグリーンメタリックが届きました!

MINI GTのチェイスカーとは?!LB★WORKSランボルギーニ・ウラカンGTの通常版との違い

当ブログのLB★WORKS関連記事

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.