車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ホットウィール

ヤマダ電機にはホットウィールの実車がまだあった。

投稿日:

昨日の金曜日、急遽プリンターのインクが必要になりヤマダ電機へ。
ここのヤマダ電機は先日行ったヤマダ電機ですので、ホットウィールの目ぼしい残りはありません。

しかし、プリンターのインクもありません。
今日中に送りたい書類でしたので、仕方なく近くのビックカメラに行くも、こちらにもなく…。
大分前のプリンターのため、インクを置いているところも少なくなっているようです。

で、3件目のヤマダ電機でようやく手に入れましたのが、探していたインクと、コチラ。

当ブログをご覧の皆さんはインクには興味がないと思いますが、ホットウィールのコチラは興味があるはず。
ホットウィール発売日からほぼ一週間経過していましたが、2005フォード・マスタングが残っていました。

以前「SEMAショー2014で展示された2005 Ford Mustangのホットウィール」で手に入れていた 2005フォード・マスタングですが、ダークグリーンの 新作は軍用車みたいで面白い。

もう1つはファンタジーカー?いえいえ、こちらは実車も存在する版権物のホットウィールです。

その名もロボカー(通称)。
ロボレース(RoboRace)という自動運転車によるレースの開発車両でAIによるレースを目指しています。

これがカッコイイ!即購入を決定です。

2005フォード・マスタング

カスタムされた 2005フォード・マスタング のホットウィールです。
イカついフロントスプリッターが目立ちますが実車のあるカスタムカーです。

何といってもカラーリング。
ダークグリーンのボディーカラーは軍用車的。
そこにイエローのグラフィックを印刷しています。

イカつさが増すカラーリングです。

ロボレース・ロボカー

こちらもカラーリングで「お!」っと思ったロボレース・ロボカー。
売り場で見たらどう見てもファンタジーカーでしょうが、実車を見ると先進的でカッコイイ。

カーサンはロボレースの存在を知らなかったのでネットで調べるとプロトタイプは2017年には登場していましたね。

まったく知りませんでした。

AIによる完全自立自動運転で走り、実際グッドウッドフェスティバル・オブ・スピードで実車が走行しています。

しかし、その後DevBot 2.0となると人間も乗ることに…。
やはりAI完全自立自動運転は難しい?

2021年フルシーズン化を目指していると言うことでしたが、ネットを見る限り現状では新たな進展はなさそう…頑張ってほしいですね。

ホットウィールはすでに3台目でした。

他2台も欲しくなっちゃいましたよ。

 

 

▼関連記事はコチラ
'95マツダRX-7のホットウィールはストリート・チューナーズのFD3S

ヤマダ電機限定ホットウィールの'95マツダRX-7はワイルドスピードコラボのHKSロゴ入り

ホットウィールの'95マツダRX-7はFD3Sのマッドマイクカラー

イグニッションモデルのロケットバニーRX-7(FD3S)は1/64スケールとは思えない限定カラーの高クオリティ・ミニカー

書店で買えるミニカーhachetteのル・マン24時間レースカーコレクションの1/43マツダRX-7(スパーク)

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-ホットウィール

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.