車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ホンダ 東京オートサロン 無限

無限S660コンセプト&マイナーチェンジしたホンダS660

投稿日:

MUGEN S660 CONCEPT

無限S660コンセプトです。
1月にマイナーチェンジしたホンダS660に合わせて無限が新エアロを発表。
東京オートサロン2020で公開されていました。

無限S660コンセプトということで市販前のエアロパーツですが、カーボンがふんだんに使われた豪華なエアロです。

新設計のフロントバンパーとカーボンボンネットが目を惹く無限S660のフロント。
グリルもカーボン製の新デザインです。
特にカーボンボンネットはスーパーGTのNSX-GTからフィードバックされた技術で、ダウンフォースを得るデザインになっています。

大きなルーバーが特徴的なカーボンボンネットがダウンフォースの決め手。
軽量化も含めスーパーGTのNSX-GTを彷彿とさせるエアロデザインです。

リアも大きく変わっています。リアウィングは今までのデザインをリファインしてデザインが新しくなっています。

エンジンフードもカーボン製の新デザイン。

ディフューザー一体型のリアバンパーも新デザインです。
丸いリフレクターがノーマルと違って印象的ですね。

ホイールも新しいっぽいです。放熱の良さそうな8本スポークデザインで、無限ですから恐らく鍛造ホイールでしょう。

試作品のセミバケットシートが組み込まれた無限S660コンセプト。
パンチングレザーが使用されたステアリングも組み込まれています。

無限のS660専用パーツは夏ごろに発売予定とのことです。

マイナーチェンジしたホンダS660

こちらは国内新色のアクティブグリーン・パールが鮮やかな、マイナーチェンジされたホンダS660。

どこが変わった?って感じではありますが、マイナーなところがチェンジしていました。

ヘッドライトのハウジングがシルバーからブラックへ、テールランプもレンズカバーがレッドでしたが、クリアになっています。

また、リアガーニッシュがクリアパーツになっているのもマイナーチェンジ後の変化です。

フロントバンパー両サイドのダミーダクトが小さくなり、LEDが組み込まれました。
一番目立つところではフロントウィンドウのフレームがボディ同色となったところでしょう。

他にもこまごまありますが、エンジンやサスなどに変更はないようです。

このくらいの変更ならマイナー前のS660をマイナー後のパーツでなんちゃって…いや、見た目をリフレッシュすることも出来そうですね。

 

 

▼関連記事はコチラ
モデューロエアロを更にカスタムするフロントリップ装着のKカー専門ショップSpiegel(シュピーゲル)のホンダS660

トップフューエル・ホンダS660 タイプRRⅡはオリジナル・タービンで180馬力!【TOPFUEL ZERO1000 S660 タイプRRⅡ】

44GはホンダS660の専門ショップ!デモカーのストリート快適仕様とK4GP RACINGを展示

ホンダアクセス・モータースポーツ部のS666はS660ベースのK4-GP参戦車両【Honda Access モデューロS666】

リバティウォークのlb★nationはエアロキットでコペンはGT-Rに、S660はNSXっぽくカスタム!【lb★nation COPEN GT-K & SSX-660R】

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-ホンダ, 東京オートサロン, 無限

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.