車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

レース車両 東京オートサロン

ホンダアクセス・モータースポーツ部のS666はS660ベースのK4-GP参戦車両【Honda Access モデューロS666】

投稿日:

ホンダアクセス モータースポーツ部 S666 K4-GP 参戦車両 Honda Access S666

Honda_Access_S660【K4-GP参戦車】_01
ホンダアクセスのS666です。
ホンダアクセス社内のモータースポーツ部が2017年のK4-GP500km耐久に出場したS660ベースのカスタム車両。
それがホンダアクセス、モータースポーツ部のS666なのです。

明らかに普通のS660とは違うS666に惹き付けられました。
フロントウィンドウは外され、小さなバイザーのみでルーフは取り払われ、ロールバーで保護されるのみ。

助手席はトノカバーで覆われてオミット。とてもスパルタンです。

S666の名前の由来は、徹底的に軽量化された車両重量が666kgというところから来ているといいます。

エンジンに手が加えられ、タービンを大型のものに交換し、熱対策としてオリジナルの水冷インタークーラーに交換。
ECUもオリジナルデータに書き換えられた結果、100馬力を発生。
これによりパワーウエイトレシオ6kg/psとなり、S666の命名と相成ったわけです。

そんなこんなで、小さなブースでしたが異彩を放っていました。

それでは、ホンダアクセス・モータースポーツ部のS666を詳しく見てみましょう。

ホンダアクセス モータースポーツ部 S666 K4-GP 参戦車両 前

Honda_Access_S660【K4-GP参戦車】_02
カッコいいですね~斜めに配置されたロールバーが実にいい。
埼玉県のサイトウ・ロールケージ製で、恐らくワンオフ。

ホンダアクセス モータースポーツ部 S666 K4-GP 参戦車両 前

Honda_Access_S660【K4-GP参戦車】_03
なんだかS660ではなく別な車に見えちゃいますね。

ホンダアクセス モータースポーツ部 S666 K4-GP 参戦車両 前

Honda_Access_S660【K4-GP参戦車】_04
GTウィングもいい感じ。アグレッシブなリアバンパーがドえらくカッコイイ。

ホンダアクセス モータースポーツ部 S666 K4-GP 参戦車両 前

Honda_Access_S660【K4-GP参戦車】_05
フロントリップはガレージ・ベリー製。カナードも付いて効果がありそうです。

ホンダアクセス モータースポーツ部 S666 K4-GP 参戦車両 前

Honda_Access_S660【K4-GP参戦車】_06
なんといってもリアバンパーがスゴイ。Amisワンオフのマウラーの排気位置にも注目!

ホンダアクセス モータースポーツ部 S666 K4-GP 参戦車両 前

Honda_Access_S660【K4-GP参戦車】_07
カーボンボンネットの大きなルーバー。ラジエーターからの排熱を効果的に手助けします。

ホンダアクセス モータースポーツ部 S666 K4-GP 参戦車両 前

Honda_Access_S660【K4-GP参戦車】_08
スパルタンです!申し訳程度のバイザーを残しフロントウィンドウを排除。幌も無し。
だいぶ軽量化に貢献しているのと思います。
そして斜めのロールバーが異様にカッコイイ。

社内部活動とはいえホンダ・アクセスという、いわばメーカーチューンの技術。
そしてボディにはトップフューエルやHKSといったS660カスタムではお馴染みの名前が並び、メーカーチューンとはいえ、部活動らしい柔軟さも見えて面白いですね。

市販化を望む声が多いのも頷けますね。

▼トップフューエルのS660の記事はコチラ

トップフューエル&零1000のS660タイプRRがハイフロータービンで135馬力!

▼S660のエンジンを積んだボンネビル挑戦マシンの記事はコチラ

▼S660に関連する記事はコチラ
S660関連記事


にほんブログ村

-レース車両, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.