車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

F1 東京オートサロン

2016年型マクラーレン・ホンダF1のフロントウィングがスゴイことに!【McLaren-Honda MP4-31 】東京オートサロン2017

投稿日:

2016年型マクラーレン・ホンダF1 【 McLaren-Honda MP4-31 】

ホンダ・F1_MAP4-31_01

2016年型マクレーレン・ホンダF1、MP4-31です。
この前のフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンのサイン入りNSXに引き続き、F1ネタです。
もう2017年シーズンも始まっているのに2016年のF1ネタです。

大分低迷していたマクラーレン・ホンダでしたがこのMP4-31からは入賞もするようになり、格段に進歩したと評価されたマシンです。

最近のF1の空力ストラクチャーはスゴイことになっているとは知ってはいましたが、実際に間近で目にするのはこういうショーのときくらい。
東京オートサロンはそんな普段見れない部分を見るには格好の舞台です。

そんな東京オートサロンで間近でみたマクラーレン・ホンダF1MP4-31。
やはり空力パーツがありえないってくらいスゴイ。

特にフロントウィングはどうなってるんだ?と複雑怪奇でもう何が何だかわかりません。

それでは複雑怪奇なフロントウィングを持つ、2016年型マクラーレン・ホンダF1、MP4-31をみてみましょう。

2016年型マクラーレン・ホンダF1 【 McLaren-Honda MP4-31 】後

ホンダ・F1_MAP4-31_02
リアウィングもそれなりに複雑な形をしていますね。とはいえ、一時期から比べたら大分プレーンな印象。

そうそう、コックピットに乗せてもらえるイベントもやってました。
乗りたかった…けど、時間がない!と足早に会場を回るカーサンでした。

2016年型マクラーレン・ホンダF1 【 McLaren-Honda MP4-31 】フロントウィング

ホンダ・F1_MAP4-31_03
やはり、フロントウィングですね。
すごい形をしています。
ヒゲ剃りの刃みたいに幾重にも重なり、複雑怪奇な形状をしています。
レギュレーションの中で空力を突き詰めるとこうなっていくのでしょうが、もう、何が何だか…。
どれか一枚でも欠けてしまったら、バイブレーションが起きてマトモに走らないんじゃないかって思います。
エグイ形状をしていますね。

2016年型マクラーレン・ホンダF1 【 McLaren-Honda MP4-31 】フロントウィング

ホンダ・F1_MAP4-31_04
そうはいっても、造りはとてもキレイ。工業製品的美しさです。
鳥が羽根を広げたようにも見えますね。

どれほどのダウンフォースを発生するのか?
これだけの構造をしていたら相当なダウンフォースを発生しそうですね。

この複雑なフロントウィングが活躍?して、2016年コンストラクタースランキングも6位となったマクラーレン・ホンダ。

対して2017年は・・・?

圧倒的なホンダパワーを、また見せて欲しいものですね。


にほんブログ村

-F1, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.