車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

アオシマ ミニカー

AOSHIMAグラチャン・コレクションの第10弾からカリーナHT①を詳しく!チンスポ・イタパネの定番仕様

投稿日:

AOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾カリーナHT①

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾カリーナHT①_01
AOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾からカリーナHTをゲット。

今回のAOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾の中では大人しい仕様のトヨタ・カリーナ(RA45型)。

チンスポ、イタッパネ、オバフェンで、深いリムのアルミ。

カラーは黄土色メタリック…いやブロンズです。
昔はこういったカラーがラインアップされていました。

2ドアのハードトップでスポーティなカリーナ。

カーサンの世代ではカリーナはおじさん車のイメージになっていまして、いつのまにか無くなってしまいましたね。

イメージ的には似ていたカムリは新型になりだいぶイメージアップ。
もう少し生き残っていればカリーナも…。

さて、それでは、AOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾カリーナHT①を詳しく見てみましょう。

AOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾カリーナHT① 前

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾カリーナHT①_02
出来はなかなかいい感じ。もうちょっと丸みがあってもいいかも。

AOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾カリーナHT① 後

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾カリーナHT①_03
今見れば普通の車。Cピラーのデザインにギコチなさがあります。

AOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾カリーナHT① 前

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾カリーナHT①_04
オーバーフェンダーは大人しめの至って常識的なもの。

AOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾カリーナHT① 後

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾カリーナHT①_05
さすがアオシマ。イタッパネは後付なので小さなスキマも再現されています。

AOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾カリーナHT① 前上

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾カリーナHT①_06
1/64のスケールだということを感じさせない細かな造り。

AOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾カリーナHT① 後上

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾カリーナHT①_07
今気がつきましたがサイドミラーレスですね。

AOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾カリーナHT① 右横

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾カリーナHT①_08
車高ベタベタ。今ならエアサスで走行時には車高を上げることもできますが、当時は走行もこのまま。

AOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾カリーナHT① 左横

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾カリーナHT①_09
フェンダー被ってます。ひっぱりタイヤがものをいいます。

AOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾カリーナHT① 前

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾カリーナHT①_10
角目4灯のカリーナ。後期型ですね。

AOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾カリーナHT① 後

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾カリーナHT①_11
ランプモールの再現などもさすがのアオシマ。

AOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾カリーナHT① ディスプレイ・ベース

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾カリーナHT①_12
ディスプレイベースも付属。

というわけでAOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾のトライも続けておりましたカーサン。
狙いはS110シルビアのシルエットレプリカです。

この間にもマジョレットを手に入れたり、ご紹介したいネタはイロイロありますので、お付き合い頂ければなぁと思っております。

▼他のグラチャン・コレクションの記事はこちら

▼アオシマのスーパーカブも素晴らしい出来


にほんブログ村

-アオシマ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.