車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

アオシマ ミニカー

AOSHIMAのグラチャン・コレクション第10弾でデッパの330セドリックを詳しく

投稿日:

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾 330セドリック①

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾330セドリック①_01
AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾の330セドリックです。
「お!S110か?」と思ってしまいましたが、違いました。惜しい。

シルエットフォーミュラを真似てフロントリップ(チンスポ)が極端に延長されていった時代のセドリック。
リアはベタッパネですが、リアフェンダーまで回り込むのはなんて呼ぶのか、世代が少し違うのでわかりません。

シルエットフォーミュラは子供の頃みてカッコイイ!と思っていた世代ですが、ここまでフロントリップが出っ張ってくるとちょっと、違うかな~と思ってしまいます。
バランスとしては、もう少し出っ張りが短いほうがカッコイイ。
それでもギリギリ、この330セドリックくらいであれば許容範囲。

当時は出っ歯なんて呼ばれていて、ここに竹槍のように上方に長く立ち上がるマフラー出口が加わると、シャコタン、タケヤリ、デッパの3拍子が揃うわけです。

このシャコタン、タケヤリ、デッパの仕様はホットウィールのファンタジーカーのマッドマンガとしても登場していて、海外でも知られた仕様です。

カーサンは走り屋の方向でしたので、デッパはともかく、性能的に意味の無いタケヤリは???でした。
もっとも、カーサンが走り屋の頃には世代が違っていましたので、族車と呼ばれる仕様の車も見かけなくなっていましたが。

出来は、さすがのアオシマ。よくできていますし、細かく作りこまれています。
撮影しながら見ているうちに、ギリギリだった許容範囲も広がり、カッコイイじゃん♪って思えるようになってきました。
アオシマの出来の良さ、恐るべし。

それでは、AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾の330セドリックの白を詳しく見てみましょう。

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾 330セドリック① 前

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾330セドリック①_02
こういうエアロを作っているメーカーもありましたが、結構自作されたものが多かったようです。
ベニア板で作ったりしていた話も聞いたことがあります。

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾 330セドリック① 後

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾330セドリック①_03
リアのベタッパネもかなりの張り出し。

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾 330セドリック① 前

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾330セドリック①_04
シルエットフォーミュラを子供時代に見ていた世代ですが、ちょっとフロントはデッパリ過ぎ…とおもっていたのですが、写真を撮っているうちにかっこよく見えてきました。

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾 330セドリック① 後

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾330セドリック①_05
リアのベタッパネもですが、リベット留めワークスフェンダーもかなり大型。

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾 330セドリック① 前上

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾330セドリック①_06
まさにシルエットフォーミュラって感じです。

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾 330セドリック① 後上

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾330セドリック①_07
市販のベッタパネだとトランクが開くように分割されていたようですが、自作の場合、トランクなんて使わねぇ!ってことで一体成形になっているパターンが多くて雨が降ると水が溜まったなんて笑い話も昔聞いたことがあります。

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾 330セドリック① 右横

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾330セドリック①_08
ノーマルのボディラインを見つけるのが難しいくらいカスタムされていますが、よくできてますね。

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾 330セドリック① 左横

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾330セドリック①_09
ホイールはハヤシ?かな?

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾 330セドリック① 前

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾330セドリック①_10
ヘッドライトは角目4灯。この個体は、ちょっと装着が雑で右端だけ極端なツリ目になってしまっています。

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾 330セドリック① 後

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾330セドリック①_11
テールランプはもちろんクリアパーツ。ケンメリテールってやつです。
ガーニッシュごとインストールされているように見えます。
ガーニッシュも同一成形でクリアパーツにブラックを塗装しているみたいです。
プラモのアオシマらしい手間のかけ方です。

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾 330セドリック① ディスプレイベース

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾330セドリック①_12
ディスプレイ台座付きです。

というわけで大きく張り出したリップスポにS110シルビアゲットか?と思いましたが、330セドリック。

惜しい。似てましたがね。

まだまだ狙っていきますよS110シルビア。

▼他のグラチャン・コレクションの記事はこちら

▼アオシマのスーパーカブも素晴らしい出来


にほんブログ村

-アオシマ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.