車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

チューニングカー 東京オートサロン

HKS TRB-04は筑波でFF最速目標のスイフトスポーツ

投稿日:

HKS TRB-04 スズキ・スイフトスポーツ

HKS_スイフト_86BRZ_01
HKS TRB-04、スイフトスポーツです。
オーバーフェンダーがこんもり大きく膨らんでマッシブなスイフトスポーツです。

ノーマルで車両重量が1トンを切るスイフトスポーツ。
そこにHKSの持つノウハウがつぎ込まれて、筑波サーキットFF最速を目指すといいます。

目標は55秒台。


もともとメーカーチューンか?ってほど手の加えられていたスイフトスポーツ。

6速MTはクロスレシオで直噴ターボエンジンのパワーを生かす設計。
驚いたのは、ボディにスポット増しが行われている点。

ノーマルでスポット増しされているとは。
スズキも本気ですね。

そこへ、HKSのチューニングパーツによって更なるパワーアップが図られます。

ですから、そこから更にHKSの技術が注がれれば、55秒台も夢ではない。
TRB(ツクバ・レコード・ブレイカー)の名に相応しいマシンとなるでしょう。

詳しいスペックは分かりませんが、HKSですから一通りの捕機類は交換されることでしょう。

エンジンチューンもそうですが、なんといってもスタイル。
カワイイのにカッコイイ。

オーバーフェンダーが目を惹きますね。
リアウィングはラリーカーのような大型ウィングが装備されていてFFでこんなに大きなリアウィング、大丈夫なの?って思ってしまいます。

フロントスプリッターもそう大きいものではないので、リアウィングとのバランスに驚きます。
HKSですから考えがあってのことと思いますが…。

このHKS TRB-04スイフト・スポーツの隣には、同じく筑波サーキット最速を目指すトヨタ86が鎮座。

こちらは東京オートサロン2018のコンセプトカー部門の優秀賞を受賞。
筑波50秒切りも目前ということで弾みがついたかも。

こちらもオーバーフェンダーが迫力で、一瞬80のスープラ?って思うくらいのワイドボディーです。

それでは、HKS TRB-04スズキ・スイフトスポーツを詳しく見ていきましょう

HKS TRB-04スズキ・スイフトスポーツ前

HKS_スイフト_86BRZ_02
明らかにワイドなのが分かるオーバーフェンダー。

HKS TRB-04スズキ・スイフトスポーツ前

HKS_スイフト_86BRZ_03
リアノフェンダーはちょっとバウムクーヘンみたい。

HKS TRB-04スズキ・スイフトスポーツ前

HKS_スイフト_86BRZ_04
フロントスプリッターは控えめですね。

HKS TRB-04スズキ・スイフトスポーツ前

HKS_スイフト_86BRZ_05
スーパーGTに参戦しそうなオーバーフェンダーです。

HKS TRB-04スズキ・スイフトスポーツ前

HKS_スイフト_86BRZ_06
こちらがHKSが筑波サーキットでFF最速を目指すエンジン。カーボンインテークやブローオフバルブなど定番パーツが装着されています。

HKS TRB-03トヨタ86前

HKS_スイフト_86BRZ_07
こちらはコンセプトカー部門優秀賞のTRB-03。TRB-04と違ってワイヤーで吊らなければならないほどのフロントスプリッターを装備。

HKS TRB-03トヨタ86後

HKS_スイフト_86BRZ_08
リアウィングはパイクスピークの参戦車両みたいな超大型ウィング。

▼他のスイフトの記事はコチラ

▼筑波最速マシンの記事はコチラ

▼ホットウィールのHKSレーシングアルテッツァの記事はコチラ


にほんブログ村

-チューニングカー, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.