車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

チューニングカー 東京オートサロン

迫力のトヨタ86ワイドボディはクールレーシングの最新エアロ【KUHL RACING TOYOTA86 01R-GTW ROHAN G-KANDY PAINT】

投稿日:

KUHL RACING TOYOTA86 01R-GTW ワイドボディキット ROHAN G-KANDY PAINT

KUHL_RACING_TOYOTA86_01R-GTWワイドボディキット_01
クールレーシングのトヨタ86 01R-GTWです。
ご覧のとおりのワイドボディ。
流行のビス留めワイドフェンダーではなくボディとフェンダーが一体となったエアロです。
そしてエングレービングの職人技で有名なクールレーシングのもう1つの職人技、「グラインダーボンネット」も採用されています。


 

グラインダーボンネット

KUHL_RACING_TOYOTA86_01R-GTWワイドボディキット_04
グラインダータトゥというワザでグラインダーで塗装面を削って表現するグラインダーボンネット。
インパクト大ですね。
それでいて、パッと見にはここまでの加工がされているとは思わない絶妙な色合いが素晴らしいです。

ファイアバード・トランザムばりでカッコイイ。
これを手作業で1本1本刻んでいくのは大変な作業です。

ペイント自体もROHAN G-KANDY PAINTの名のとおりローハンによる仕上げ。
美しいキャンディカラーを纏っています。

そしてクールレーシングのエアロといえばガンダムばりの複雑な立体構造。
とくにリアバンパーが迫力。今回もイカついバンパーを搭載しています。

KUHL RACING TOYOTA86 01R-GTW ワイドボディキット ROHAN G-KANDY PAINT 前

KUHL_RACING_TOYOTA86_01R-GTWワイドボディキット_02

KUHL RACING TOYOTA86 01R-GTW ワイドボディキット ROHAN G-KANDY PAINT 後

KUHL_RACING_TOYOTA86_01R-GTWワイドボディキット_03

フロントも大分変わっていますが、やはりリア。大きくリアバンパー上方に切り込まれた開口部が迫力です。
リアウィングはスワンネックタイプながら両翼端が下がる、かもめウィングのようなデザイン。

マフラーは左右2本ずつの4本出し。
KUHLスラッシュ4テールマフラーと名づけられたマフラーは、115Φの大きめサイズ。
ヒートブルーカラーというステンレスながらチタンを思わす出口カラーがカッコイイ。

そして何といっても前後のワイドフェンダーの張り出し。
フロントは純正交換タイプで片側4cmの張り出し、リアは純正フェンダーに貼り付けるタイプ。
そして片側5cmの張り出しを実現しています。
 

ワイドフェンダー

KUHL_RACING_TOYOTA86_01R-GTWワイドボディキット_05

FRP製ながら、強度が通常のFRPの1.5倍のRG(リアルグレード)と強度が2倍のHG(ハイグレード)の2種類が採用され、割れやすいFRPの難点を補っています。

また、東京オートサロン2018に展示された今回ご紹介の車両ではビス留めワイドフェンダーではありませんでしたが、実は、基本はビス留めワイドフェンダー。
そこからスムージング加工を施すことで画像のようなスムーズな外観を得ることが出来ます。

もちろんスムージング加工も注文可能で、ビス留めワイドフェンダーではない状態を手に入れることも出来ます。
小技ながら給油口も5cmのワイドフェンダー化に合わせてスムージングされるということです。

最近はトヨタ86を見かけることも多くなり、人とは違ったトヨタ86を求めるのも当然。
クールレーシングのトヨタ86は、そんな要望に応えるエアロですね。

▼楽天でも購入可能です。

▼エンジンカバーも楽天で買えるようです。

<PR>

▼関連記事はコチラ


にほんブログ村

-チューニングカー, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.