車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

コンセプト・カー 東京オートサロン

無限のシビック・タイプRはサーキットで進化させたRC20GTパッケージ・プレプロダクションモデル【CIVIC TYPE R MUGEN RC20GT Package Pre Production MODEL】

投稿日:

去年の展示から進化させた無限シビック・タイプR MUGEN RC20GT Package Pre Production model

MUGEN無限RC20GT_Package_PreProduction_model_01
シビック・タイプR 無限 RC20GT Package Pre Production modelです。
去年の東京オートサロンに展示されたシビック・タイプR MUGENRC20GTを1年かけてサーキットでバージョンアップ。
単なるコンセプトカーではなく、市販化を目的としたもので、無限ですから車検対応となるそうです。
2019年夏に受注開始を予定していて、ディーラーで買えるコンプリートカーと思いきや…専用パーツをパッケージとしたキット販売となりそう。


そういえば、名称が、CIVIC TYPE R MUGEN RC20GT Package Pre Production MODEL。

このシビック・タイプR 無限 RC20GT Package Pre Production modelのエアロパーツはドライカーボン製ということもあり、市販化されてもとても高価なものになりそう。

収益を考えればFRP製のパーツもと思いますが、コレとは別に、ストリート仕様のエアロも用意されるので、こちらとサーキットメインのパーツとは住み分けが行われる可能性が大きいですね。
いずれにしろ高価なものになるのは間違いないでしょう。

エアロパーツはドライカーボン製、エキゾースト系はフルチタンということで、マフラーだけで15kgの軽量化、トータルで43kgも軽量化している、シビック・タイプR 無限 RC20GT Package Pre Production model。

エアロはフロントはご覧のとおり、ノーマルのシビック・タイプRから大きく変わり、特徴的なグリルを持つものに変更。

オクタゴン・グリルのシビック・タイプR 無限 RC20GT Package Pre Production model

MUGEN無限RC20GT_Package_PreProduction_model_06

ペンタゴン・グリルかと思いきや…オクタゴン・グリル。
8角形デザインのグリルになっています。

フロント左右のカナードやディフューザーのバーチカルフィンなども車検を考えて、薄く鋭角なものではなく厚みがあり、エッジが滑らか。

破損にも強そうです。

サーキット走行に重要なサスペンションキットはZF社製2WAYアジャストダンパーで、減衰力のバンプ、リバンプが別調整可能な本格的なもの。
フロントはキャンバー角まで調整で走行会などでサーキットを走られる方には調整の幅が広がります。

エンジンはクリアランス調整とバランス取りなどメカチューンがメイン。
玄人好みのチューンが施されています。

シビック・タイプR 無限 RC20GT Package Pre Production model

MUGEN無限RC20GT_Package_PreProduction_model_02
MUGEN無限RC20GT_Package_PreProduction_model_03
MUGEN無限RC20GT_Package_PreProduction_model_04
MUGEN無限RC20GT_Package_PreProduction_model_05
MUGEN無限RC20GT_Package_PreProduction_model_16
MUGEN無限RC20GT_Package_PreProduction_model_17
見た目は去年の無限のシビック・タイプR RC20GTとそう変わりはないように見えます。
とはいっても、カーサン、去年の東京オートサロン2018で無限のシビック・タイプR・RC20GTを見忘れておりまして…。今年が初見です。
去年、悔しい思いをしたのですが、今年見られたのでヨカッタ。

シビック・タイプR 無限 RC20GT Package Pre Production modelの詳細

MUGEN無限RC20GT_Package_PreProduction_model_07
特徴的なグリルとなる無限シビック・タイプR・RC20GT。
メッシュネットもデザインが凝っています。

MUGEN無限RC20GT_Package_PreProduction_model_08
鋭角的なデザインで統一された無限シビック・タイプR・RC20GTのフロントバンパー。
車検を考えてカナードのエッジは面取りされています。

MUGEN無限RC20GT_Package_PreProduction_model_09
グリルからリップまでスラントしているのが分かりますね。
ボンネットエンドのエアダクトが廃止され、ボンネット左右にルーバーが設けられています。
グリルが大きくなったことで、ダクトがいらなくなり、ルーバーを設けることで流入効率もアップ。

MUGEN無限RC20GT_Package_PreProduction_model_10
角度調整可能なリアウィング。

MUGEN無限RC20GT_Package_PreProduction_model_11
取りつけステーも無骨で頑丈そうですね。

MUGEN無限RC20GT_Package_PreProduction_model_12
リアバンパーのディフューザーはバーチカルフィンが厚い。
ハイパフォーマンス・エキゾーストシステムというセンター1本出しとなったマフラーがカッコイイ。

MUGEN無限RC20GT_Package_PreProduction_model_14
アルミホイールは鍛造のMDCF。フロントは20インチ9J。
ブレンボ製 6ポットのブレーキがスポークのスキマからチラ見え。

MUGEN無限RC20GT_Package_PreProduction_model_13
リアのホイールは20インチで8.5J。

MUGEN無限RC20GT_Package_PreProduction_model_15
カーボン製ドアミラーカバーはフィンの入った空力も考慮したデザインです。

フロントフェイスは好みが分かれるところと思いますが、明らかにノーマルのシビック・タイプRとは違う見た目はいいですね。

あとは価格でしょうが…ドライカーボン製…。
ブルジョア階級価格でしょうね。


<PR>

▼関連記事はコチラ




にほんブログ村

-コンセプト・カー, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.