車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ホットウィール ミニカー

アストン・マーチンOne-77【Hotwheels Aston Martin One-77】ホットウィール・グランツーリスモのミニカー

投稿日:

ホットウィール・アストン・マーチンOne-77 前

Hotwheels_ASTON_MARTIN_ONE-77_01

ホットウィール・アストン・マーチンOne-77 後

Hotwheels_ASTON_MARTIN_ONE-77_02

世界で77台の限定生産のアストンマーチンOne-77。
グランツーリスモのホットウィールで再現です。

雰囲気はかなり捉えていて、いい感じ。
細かく見るとやはり惜しい。

惜しいのがミニカーでもあるので言ってもしょうがないのですが、気になるところ。

そんなちょっと気になるホットウィールのアストンマーチンOne-77を詳しく見てみましょう。

ホットウィール・アストン・マーチンOne-77 前

Hotwheels_ASTON_MARTIN_ONE-77_03
フロントグリル、別パーツなのですが別にしなくてもよかった気が…。

ホットウィール・アストン・マーチンOne-77 後

Hotwheels_ASTON_MARTIN_ONE-77_04
テールエンドはかなりおざなり。ディフューザーとか頑張ってるのですが
One-77の特徴的なテールランプが左右繋がってるデザインがラインが細過ぎてスポイル。
ここはもっと太くていいと思います。塗ってあるのが一番いいのですが…。

ホットウィール・アストン・マーチンOne-77 前上

Hotwheels_ASTON_MARTIN_ONE-77_05
ホットウィールには珍しくエッジが立っていていい。サイドウィンドウエンドの形が違うのはどうした?
サイドウィンドウ自体ももうちょっと寝ていると印象が変わりますね。

ホットウィール・アストン・マーチンOne-77 後上

Hotwheels_ASTON_MARTIN_ONE-77_06
塗装がビカビカ反射でキレイ。細かい違いなどこの塗装で吹き飛んでしまいます。
フロントフェンダーのエッジがもう少しイン側にスっと入るとフェンダーの丸みも表現できそう。
サイドウィンドウはホントに惜しい。

ホットウィール・アストン・マーチンOne-77 右横

Hotwheels_ASTON_MARTIN_ONE-77_07
フロントリップがもう少し下になってもいい。サイドウィンドウは、ご覧のとおり。
ドア下にグランツーリスモのロゴが辛うじてあることでグランツーリスモ商標をアピール。

ホットウィール・アストン・マーチンOne-77 左横

Hotwheels_ASTON_MARTIN_ONE-77_08
フロントフェンダーからドアに伸びるエッジはもう少し下に向かって落ちてドアラインと交差してリアフェンダーが立ち上がる…小文字の「f」のようなライン交差を見せるとリアのボリュームも表現できてグラマーな体になりそう。

ホットウィール・アストン・マーチンOne-77 前

Hotwheels_ASTON_MARTIN_ONE-77_09
ヘッドライトは印刷。うまく画像が作られていてこの角度だと埋め込みライトに見える。うまい。

ホットウィール・アストン・マーチンOne-77 後

Hotwheels_ASTON_MARTIN_ONE-77_10
ディフューザーはブラックアウトでもよかったかも。同一成形のフロントグリルも黒くなってしまうので、やはりグリルは別にしなくて良かったと思うのですが。
テールランプの繋がりの表現が薄-い。

ホットウィール・アストン・マーチンOne-77 前上

Hotwheels_ASTON_MARTIN_ONE-77_11
フロントからリアに突き抜けるレーシングストライプがカッコイイ。控えめなカラーなのがシブい。
買った時ストライプの存在に気がついていませんでした。

全体的にまとまって見えますが、やはり細かいところが惜しい。
でもカラーリング含めてカッコイイならいいではありませんかと。
思っちゃうくらい反射がきれいなカラーリング。
撮影中のもビカビカに輝いてショーモデルみたいでしたね。

やはり、カラーリング大事です。


にほんブログ村

-ホットウィール, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.