車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

MINI GT トヨタ ミニカー

HKS ADVAN GR SupraはMINI GTの新作アドバンGRスープラ

投稿日:2021年3月14日 更新日:

HKSのADVANカラーのGRスープラです。
MINI GTはHKSの車両をたくさん手掛けていますので、期待していましたが、まさかADVANカラーが1stカラーとは!

東京オートサロン2020に展示された、ホワイトのワイドフェンダーだったHKSのGRスープラ、またはGRスープラ・ドリフト by HKSからだとばかり思っていましたが…まさかのADVANカラー。驚きです。

ADVANカラーのHKS GRスープラといえば、やはり東京オートサロン2020のヨコハマタイヤブースに展示されたMAX ORIDO Supra tuned by HKSでしょう。

その名の通り、ADAVNと長年のパートナーシップ関係の織戸学選手プロデュースのHKS GRスープラで開発中のADVAN NEOVA CONCEPTを履いていました。

残念ながら発売されたMINI GTのHKS GRスープラでは権利関係からか織戸選手の名が外されていますが、その時の車両がベースになっていることは明らかです。

HKSプレミアム・ボディキットが再現されたMINI GTのGRスープラ。
高々とそそり立つリアのGTウィングは、MAX ORIDO Supra tuned by HKSの記事で書きましたが、やはりHKSで市販されているものとはヴァーチカルステーと翼端板の形の違う専用設計です。

上の画像がHKSの標準です。翼端板の形の違い、MINI GTでは省略されていますがヴァーチカルステーの肉抜き穴が丸型になっているのがADVAN GRスープラ版との違いです。

ボンネットのADAVNロゴとGRロゴの間の微妙な隙間は「MAX ORIDO」のロゴが省かれたためにできた隙間。

ともないボディサイドの細かいスポンサーロゴも省かれています。

パンデム版GRスープラでは再現されていたリアウィンドウのデフロスタの熱線の表現も省略されています。

リアフェンダーに追加装着されるリアカナードも再現されていますが、フロント側の厚みがあって後付感が際立ってしまっています。

1/64スケールを考えれば致し方のない所。再現してくれたことに感謝すべきですね。

ホイールも東京オートサロン2020展示車両ではホワイトのアドバンレーシングGTでしたが、MINI GT版ではブラックに。ブレーキディスクの再現はありません。

ヘッドライトもテールランプもクリアパーツ。
パンデム版GRスープラでは再現のなかったバックランプ&バックフォグのドットが印刷されています。

GRスープラでは中央上の9ドットのLEDが赤いバックフォグ。コの字に取り囲むように11ドットのLEDが白い発光のバックランプとなります。

手にすると目立つので「お?」って思いますヨ。

マフラー出口は例によってチタン焼けを表現したブルー。

シャシー裏は簡易的ながらモールドで再現。ツインスクロールターボですから(6-2)-1-2のレイアウトでタービンで1本化されたエキゾーストはサブタイコ(GRスープラではプリサイレンサー)で2本になりメインタイコ(メインサイレンサー)左右から入って廃棄される流れが良く分かります。

さて見て参りました、MINI GTのHKS ADVAN GR Supra。
もうアドバンカラーというだけで欲しくなる…。

手に入ってヨカッタ嬉しい1台です。後で同じワイドフェンダーのパンデム版GRスープラと比べてみようと思います。

 

▼楽天ではADVANカラーは見当たらず…ブラックのバージョンがありました。


 

 

 

▼関連記事はコチラ
トヨタGRスープラのMINI GTのパンデムと京商のノーマル1/64ミニカーを比較

MINI -GTのLB★WORK日産R35GT-R Livery2.0のBlueでLB Type2エアロ

トヨタGRスープラ トミカ50周年記念仕様はdesigned by Toyota

MINI GTのチェイスカーとは?!LB★WORKSランボルギーニ・ウラカンGTの通常版との違い

当ブログのGRスープラ関連記事

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-MINI GT, トヨタ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.