車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

INNO(イノモデル) ニッサン ミニカー

イノモデルの1/64日産スカイラインGT-R「カルソニック・チーム・インパル」INNO64 NISSAN SKYLINE GT-R R32#12 "CALSONIC TEAM IMPUL" IN64-R32-CA12

投稿日:

イノモデルの1/64日産スカイラインGT-R「カルソニック・チーム・インパル」です。
正式名にNISSAN SKYLINE GT-R R32#12 "CALSONIC TEAM IMPUL" JTC NISHI NIHON CIRCUIT 1990 WINNERとあります通り、1990年の全日本ツーリングカー選手権の開幕戦でデビューウィンを飾り、全6戦中5戦優勝のカルソニック・チーム・インパルのR32GT-Rを1/64スケールで再現したミニカーです。

因みにこの年デビューとなったR32GT-Rは全戦ポールトゥウィンを決めてシリーズチャンピオンとなっています。
もちろん、このカルソニック・スカイラインGT-Rがシリーズチャンピオンです。

イノモデル(INNO64)は2台目の購入となるカーサン。
1台目もR32GT-Rで、「INNO64の1/64日産スカイラインGT-R R32"パンデム"が初めてのイノモデル」でご紹介のNISSAN SKYLINE GT-R R32 "PANDEM"でした。

昨日のMINI GTの後に到着。今回もネット購入でしたが、ちょっと悩みました。
パンデムR32GT-Rで出来の良さは分かっていましたが、3000円チョイの値段ですからね。
僅かな商品写真からは詳細が分からず、二の足を踏んだワケです。

しかし、せっかくのカルソニック・スカイライン。
鮮烈のデビューウィンを果たした西日本サーキット仕様ですからね、購入を決めたわけです。

…で、届いたイノモデルの1/64日産スカイラインGT-R「カルソニック・チーム・インパル」はどうだったのかと申しますと…想像をはるかに超えた、こだわりを見せる出来の良さ。

ご覧の通り1/64スケールとは思えない細部のクオリティです。

3Dスキャンでしょうから出来がイイのは当たり前…とカンタンに片づけられないのがINNOのカルソニック・スカイラインGT-R。

細部へのこだわりと再現度に驚かされます。

フロントグリルのスリット、各ダクトの開口部が塗装で潰れることなく、きっちり再現。トランクのバックルやホイールに至るまでここまで細かくできるのか?と驚くばかり。

一番驚いたのは前後の牽引フック。
形を再現しようとするあまりスケールより大きく太くなったりすることもなく再現されているのはスゴイ。

ホイールナットをよく見ると左右で色が違うのもこだわりの所。
アレ?と思って実車の画像を見て見ると左右でホイールナットの色が違います。

こんな細部にまでこだわるのか!と感心するばかりです。

レース用サイド管の穴もちゃんと空いています。
ツインターボのエキゾースト側から直接排気される直管なので2本出し。

ボンネット先端のSマーク、ボンネットピンやリアのトランクを固定するバックル、そしてGT-Rエブンブレム…見れば見るほどスゴイ。

当然ヘッドライトもテールライトもクリアパーツです。

あんまりすごいので、更に拡大。牽引フックの繊細な造形にはため息しかありません。

バックルとGT-Rエンブレムはエッチングパーツのような後付パーツのようで立体的です。
ものすごい取り付け精度を誇っています。イノモデル。

サイド出しマフラーとミッションケースが着色されているINNO64のカルソニック・スカイラインGT-R。
ツインターボの前後関係で長さが違うのが見えますね。

フロントリップの開口部からのエアがフロントブレーキに導かれているのがモールドで良く分かります。

コックピットもスゴイ。
バケットシートの作りこみもですが、6点式シートベルトがきちんと塗り分けられていて驚きます。

ヘタするとサベルトって読める字体で書いてあるのかもしれませんよ。
凄まじいこだわりです。イノモデル。

ウィンドウモールもビビリのない塗分けがなされていますね。

助手席側を覗くと内張りのない床面もご覧の通り。
シルバーの物体は消火器?ですかね?

ロールケージもご覧の通り。デフロスタの熱線も印刷されています。

ディスプレイベースにはクリアケースも付属。

実はディスプレイベースのデザインの良さも購入決定の後押しとなりました。
特にCALSONICのロゴの上に引かれたブルーのライン。
ここがとても良かった!上品なデザインです。

そしてカルソニックブルーのボックスデザインもイイ。
ミニカーの出来もですが、パッケージデザインのセンスもイイ、イノモデル。

ベタ褒めですが、それくらいイイ、ミニカーです。

GT-R伝説の一翼を担ったグループAのカルソニック・チーム・インパルのR32 GT-RのINNO64ミニカー。

とにかく細部にまでこだわり、再現されたディテールに大満足。
1/64スケールとしながらも大きいサイズだったりすることもなく、ノギスで計ったら、ほぼ1/64スケールをキープしていて、このサイズ感での細やかな再現に脱帽です。

発注時には大分悩みましたが、購入してヨカッタです。

 


 

 

 

▼関連記事はコチラ
HKSカラーのホットウィール・オープントラックの日産スカイラインGT-RはグループAカラーのBNR32

日産スカイラインGT-R(BNR32)のホットウィールは懐かしい純正ステッカー仕様

ホットウィールのワイルド・スピード・プレミアムシリーズのNISSAN SKYLINE GT-R(BNR32)

2009日産GT-R(R35) BEN SOPRAのケンメリレーシングカラーはジェイダのJDM TUNERS

当ブログのLB★WORKS関連記事

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-INNO(イノモデル), ニッサン, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.