車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

東京モーターショー 輸入車

新型メガーヌRS(メガーヌルノー・スポール)日本発売!東京モーターショーでフロントからリアまでくるりと撮影した画像【RENAULT Megane R.S.】

投稿日:

メガーヌ ルノー・スポール【RENAULT Megane R.S.】

メガーヌルノー・スポール_RENAULT_MeganeRS_01
新型メガーヌ・ルノースポールです。
2017年の東京モーターショーでルノーブースに展示されたメガーヌR.S.ですが、カーサン、R,S.はレーシング・スポーツだとばかり思っていまして、このほど間違いということが判明。
R.S.=ルノー・スポールのことだったんですね。
ずっと勘違いしていました。

ルノーの発売する車の中で、もっともポピュラーなスポーツハッチがメガーヌ。
毎回デザイン的にも攻めたデザインでカーサンも注目の1台です。


 

新型メガーヌR.S.を東京モーターショーで撮影

ショーらしいスポットライトを浴びた新型メガーヌR.S.はルノーのフラッグシップカラーのイエロー(シリウスイエロー)からオランジュトニックMという新色で塗られて誇らしげ。
デザイン的にはスタイリッシュというより無骨な感じ。

走りを追求したらこうなりましたという感じのデザインです。
VWのゴルフっぽいヘッドライトやトヨタ・オーリスっぽいテールランプ。
歴代の特徴あるデザインはなりを潜めた感じですね。

だからといってカッコ悪いか?というとそうではなく、凝ったプレスラインや、チェッカー柄イメージのデイライト、実際に機能しているか分かりませんが各所にルーバー、リアバンパーアンダーに採用されたディフューザー形状。
ディテールで見せるデザインは走り屋受けしそうなカッコよさです。

ホンダのシビックRほどではないにしても同じ方向のデザインですね。

新型メガーヌR.S.フロント

メガーヌルノー・スポール_RENAULT_MeganeRS_02

新型メガーヌR.S.リア

メガーヌルノー・スポール_RENAULT_MeganeRS_04

目玉は4輪HCC(ハイドロリック コンプレッション コントロール)

ルノー独自の4輪操舵システムが4コントロールと呼ばれる所謂4WS。
タイロッドを動かすことでリアタイヤを操舵し、低速域では曲がりやすく、高速域では安定性を高めるコントロールを実現。
この考え方は4WSに代表される周知の機能ですが、新型メガーヌR.S.では4輪ハイドロリック コンプレッション コントロールという機能も有しています。

こちらはサスペンションを電子的に制御し、タイヤと路面の接地を最適にしているといいます。
昔アクティブサスペンションていうのがありましたが、アレを進化させた感じでしょうかね。

メガーヌR.S.リアタイヤ

メガーヌルノー・スポール_RENAULT_MeganeRS_08

新型メガーヌ R.S.の日本発売はまだ?

この新型メガーヌR.S.は記事を書いている今現在でルノージャポンのホームページを見る限り、まだ発売されていない様子。

予測では2018年夏頃には日本発売されるということでしたが、まだ発売されていないようです(この記事を書いている時点)。

ルノーの中ではカングーとならんで人気のメガーヌですから発売されたら、街で見かけることも増えますね。

メガーヌR.S.フロント/サイド/リア
メガーヌルノー・スポール_RENAULT_MeganeRS_07

メガーヌルノー・スポール_RENAULT_MeganeRS_03

メガーヌルノー・スポール_RENAULT_MeganeRS_05

【 追記 】
この記事の翌日の8月30日、このメガーヌR.S.が発売されました!
なんてタイムリー。

ルノージャポンのホームページも書き換わり、「New Renault MEGANE R.S. Debut. 」となっていて、メガーヌ・ルノースポールの発売を告知しています。

<PR>

▼関連記事はコチラ


にほんブログ村

-東京モーターショー, 輸入車

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.