車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

チューニングカー ホンダ 東京オートサロン

Spiegel(シュピーゲル)SP-STYLE660はBARホンダF1を思い出すラッキーストライク風カラー

投稿日:

Spiegel SP-STYLE660

東京オートサロン2020に展示されたシュピーゲルのSP-STYLE660です。

遠目からでも「あ!」と思う、このカラーリング。
昔のホンダF1、BARのラッキーストライクカラー…いや…「HAPPY STRIKE」?

どうやらBARホンダのカラーリングのオマージュのようでラッキーストライクならぬハッピーストライクでした。

当初はラッキーストライクだったようですが…イロイロね。

さてKカーのチューニングカスタムで有名な シュピーゲル。
去年の東京オートサロン2019でもライトブルーのS660を展示しておりましたね。

エアロはKLCで、モデューロエアロ下に追加装着できるフロントアンダーリップ、 PremiumGT for S660 の追加アイテム、サイドステップ#2、そしてリアウィング#2を装備。スペックにはないようですが、無限のリアアンダースポイラーが装着されています。

ですからエアロだけで言えばサイドステップとリアウィングが去年のバージョンと違うようです。

モデューロエアロのフロントバンパーの下に追加するタイプのフロントアンダーリップ。
ここは去年のデモカーと同じみたいです。



プレミアムGTに追加アイテムとして用意されたサイドステップ#2。
ステップとカナードを両立させるえぐりこんだデザインとしたとのことで、低く見えますがジャッキポイントと同じ高さ。

見た目と実用性を兼ね備えたデザインです。

リアウィングは左右を翼端板風にした2本脚ステーのウィング形状。
リアデッキの丸みに合わせた湾曲は派手過ぎない抑えたデザインです。

マフラーもKLCですがこちらはリアピ-スのみ。
リアピースというので、エキパイはノーマルでタイコ以降を交換するタイプと思われます。

出口デュアルで、残念ながら車検非対応です。

ホイールは去年同様、

WORKのEMOTION CR 2Pで、フロントが17インチの7.5J。リアが17インチの8.5Jのサイズ。
タイヤは横浜タイヤの165/40-17をフロントに、195/40-17をリアに履かせています。


少しずつ進化を見せるシュピーゲルのSP-STYLE660。
来年はマイナー後のS660でKLCのプレミアムGTフルエアロ?ですかね。



↑こんな感じで登場?かも。

 

 

▼関連記事はコチラ
スパークの1/64マツダ787Bはコスパに優れたミニカー

SARD MC8RはMR2ベースのル・マン24時間耐久レース参戦車両【大塚家具展示車両】

サードMC8はルマン24時間耐久レースのホモロゲ取得のためのトヨタ・MR2【SARD MC8】

ハセガワ・NWBトライデント・マツダ767Bはプレジャーレーシングのプラモデルの絶版モデル

4ローター13BのドリフトマシンRE雨宮K&N D1 RE4rotor FD3S【D1グランプリ2018シリーズ参戦車両】

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-チューニングカー, ホンダ, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.