フォード・フィエスタのポリスカー【Kitahara World car selection】EUROPE POLICE CAR Edition

kitahara_worldcar_selection_フィエスタ北原照久_01
ホンウェルのフォード・フィエスタのパトカーです。
今回で3回目となる北原照久氏監修のKitahara World car selectionです。
EUROPE POLICE CAR Editionということですが、車自体はフォード製。
欧州のポリスカーをセレクトしたというシバリのようです。

サーキットのペースカーのようなカッコイイデザイン。
ヨーロッパのパトカーはデザインもいいですね。

ホンウェル製フォード・フィエスタ・ポリスカー

kitahara_worldcar_selection_フィエスタ北原照久_02
kitahara_worldcar_selection_フィエスタ北原照久_03
前に手に入れたミニクーパーとビートルですごく出来がよかったので、期待していましたが、今回のフィエスタはヘッドライトが雑。
個体差かもしれませんが、とくにヘッドライトのクリアパーツにはランナーから切断したバリがあるのがフロントだけに目立ちます。

とはいえ難点といえば、それくらいで、1/72とは思えない細かさに驚かされます。
とくに印刷の細かさはかなりのもので、スケールを感じさせないリアリティがあります。

切り残しがあるクリアパーツが惜しいフォード・フィエスタ・ポリスカー

kitahara_worldcar_selection_フィエスタ北原照久_04
kitahara_worldcar_selection_フィエスタ北原照久_05
ヘッドライトはクリアパーツでリフレクターをシルバーで塗るなど、細かい作業が嬉しいのですが、ヘドライトのクリアパーツにランナーから切り落としたときのバリがついたままなのが惜しいところ。

テールランプもクリアパーツで、凝っているのはバックランプなどコンビランプの画像をクリアパーツ内側のボディに印刷していて単なるクリアパーツに終っていない点。
これはけっこう効果的です。

パトランプはバータイプではなく昔の日本のパトカーのような円柱形のフォード・フィエスタ・ポリスカー

kitahara_worldcar_selection_フィエスタ北原照久_06
kitahara_worldcar_selection_フィエスタ北原照久_07
せっかくボディのカラーリングがかっこいいのに、パトランプが昔の日本のパトカーみたいでイマイチ。
バータイプがやはりカッコイイですよね。

小さいのにハイマウントストップランプも再現されていますね。
驚きです。

ホイールも細かく再現されているフォード・フィエスタ・ポリスカー

kitahara_worldcar_selection_フィエスタ北原照久_08
kitahara_worldcar_selection_フィエスタ北原照久_09
やはりミニカーは足元だと思うのですよ。
フォード・フィエスタ・ポリスカーのホイールも細かく作られていて、きちんと塗装もされています。
タイヤは固めですがゴム製で、凝っていますね。

メッシュグリルも塗られているフォード・フィエスタ・ポリスカー

kitahara_worldcar_selection_フィエスタ北原照久_10
kitahara_worldcar_selection_フィエスタ北原照久_11
フォード・フィエスタ・ポリスカーのメッシュグリルがスゴイ。
メッシュ自体も細かく、しかも塗られていて、モールまでもシルバーで塗られています。
フォグランプもシルバー塗られて、芸が細かい。

テールランプの印刷もご覧になれますか?クリアパーツの内側のボディに印刷されているようです。
テールゲートが開きそうに見えますが、さすがに開くことはありませんでした。

1/72スケールですからね、開閉ギミックまでは望みません。

1/72スケールでコックピット内部まで再現しているフォード・フィエスタ・ポリスカー

kitahara_worldcar_selection_フィエスタ北原照久_12
ご覧ください。ハンドルやコンソールのスイッチ類まで細かく再現しています。
ホンウェルのフォード・フィエスタ・ポリスカー。
小さくてよくできていると嬉しくなりますね。




<PR>





▼関連記事はコチラ














にほんブログ村