車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ホットウィール レース車両

ロボレース・ロボカーとは?ホットウィールから知ったAI制御による自動運転レーシングカー

投稿日:

ROBO RACE / ROBOCAR

ホットウィールで手に入れるまで、その存在を知らなかったロボレースのロボバー。

最初はジネッタのLMP3マシン「G57」を電動化し自動運転の危機を積み込んだ「Devbot」で開発が進められていました。

そちらは既存のレーシングカーで見た目はいかにも加発車両という感じでしたが、ホットウィールになったロボカーは専用デザインとなった未来的なレーシングカーで登場しました。

こちらです。
まだ宙に浮いてはいませんが、デザインは未来的でイイ。
タイヤはありますが、運転席がない。

これこそがロボカーと呼ばれる理由です。
AIによる自動運転で走るレーシングカーがロボカー。

前輪のまわりに4つのライダーと呼ばれるレーザーレーダーがあって障害物を検知し、フロントとリアのカメラで状況を判断、GPSで自分の現在位置を確認しながら走ります。

4つのホイールにはモーターが組み込まれ、最大出力は300kW。
車重は975kgで、理論値では320km/hが出せるといいます。

どっちが前か後か?分からなくなるデザインはダニエル・サイモン氏によるもの。

人が乗らなくていいので、とても平べったいロボカーのサイドビュー。
2018、7月12~15日にイギリスで行われた、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで無人走行を披露しています。

この時は時速100㎞/hに近いスピードでの走行を披露したそうで、来る未来を実感したのではないでしょうか。

しかし2019年には有人走行も可能なDevBot2.0が登場。
やはり完全無人化は難しかったのか?

そして2020になった現在、あらたなロボレースの情報はなく…いったいどうなってしまったのか…?

2021年にフルシーズンで行うと発表されてはいましたが…難しそうですね。

すごく奥まできているディフューザーがホットウィールの裏側で確認できます。
せっかくの未来を感じさせるデザインのロボカー。

是非ロボレースをフルシーズンで行ってほしいですね。

 

▼関連記事はコチラ
スパークの1/64マツダ787Bはコスパに優れたミニカー

SARD MC8RはMR2ベースのル・マン24時間耐久レース参戦車両【大塚家具展示車両】

サードMC8はルマン24時間耐久レースのホモロゲ取得のためのトヨタ・MR2【SARD MC8】

ハセガワ・NWBトライデント・マツダ767Bはプレジャーレーシングのプラモデルの絶版モデル

4ローター13BのドリフトマシンRE雨宮K&N D1 RE4rotor FD3S【D1グランプリ2018シリーズ参戦車両】

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-ホットウィール, レース車両

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.