車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

LEXUS(レクサス) 東京モーターショー

レクサスLC500が日本カー・オブ・ザイヤー2017-2018のエモーショナル部門賞に。

投稿日:

日本カー・オブ・ザイヤー2017-2018 エモーショナル部門賞を受賞、レクサスLC500

LEXUSレクサスLC500_01
レクサスLC500が12月11日に日本カー・オブ・ザイヤー 2017-2018のエモーショナル部門賞(秀でたデザイン、ドライブフィールなどを持つクルマに与えられる賞)を受賞しました。
というわけで、東京モーターショーで展示されたレクサスLC500をご紹介。

秀でたデザインの賞を受賞したLC500。
まさに秀でています。

なんといってもリアフェンダー。
レクサスLC500の最大の特徴でありますリアフェンダーが秀でています。



実際に目にすると、いや本当に張り出したフェンダーで驚きます。
ブリスターフェンダーも極まれりといった感じ。

フロントはいつものレクサス顔ですが、このフェンダーだけでLC500のイメージを形作っていますね。

展示車両は、5リッターV型8気筒 2UR-GSEで最高出力がネットで477馬力。グロスで351馬力というレクサス最強ユニットを搭載したモデル。これとは別にハイブリッドカーのLC500hがあります。

ラディアントレッドコントラストレイヤリングというメタリックレッドがブースでも目立っていて、人気の展示でしたね。

それでは日本カー・オブ・ザイヤー2017-2018のエモーショナル部門賞に輝いたレクサスLC500を詳しく見てみましょう。

レクサスLC500【 LEXUS LC500 】東京モーターショー2017展示車両 前

LEXUSレクサスLC500_02
レクサスLC500も人気できちんと撮影できませんでしたが閉館間際でなんとか撮影できました。

レクサスLC500【 LEXUS LC500 】東京モーターショー2017展示車両 前

LEXUSレクサスLC500_03
フロントはいつものレクサス顔です。仲間内ではレクサスグリルって呼んでますが、スピンドル・グリルというらしいですね。

レクサスLC500【 LEXUS LC500 】東京モーターショー2017展示車両 後

LEXUSレクサスLC500_04
テールエンドは大人しめ。最近のトヨタ系車両に多いタレ流れたデザインがあまり好みではないカーサン。
テールエンドはディテールで見せるよりフォルムで見せて欲しいところ。

レクサスLC500【 LEXUS LC500 】東京モーターショー2017展示車両 後

LEXUSレクサスLC500_05
この画像のカラーがラディアントレッドコントラストレイヤリングを良く表しています。
すこしオレンジが入っているんですよね。高級感のあるレッドです。

レクサスLC500【 LEXUS LC500 】東京モーターショー2017展示車両 前

LEXUSレクサスLC500_06

2012年のデトロイトショーで発表されたコンセプトカーLF-LCのフォルムをほぼ継承しています。

レクサスLC500【 LEXUS LC500 】東京モーターショー2017展示車両 前

LEXUSレクサスLC500_07
ヘッドライトのタレデザインはそんなに悪くないですね。

レクサスLC500【 LEXUS LC500 】東京モーターショー2017展示車両 後

LEXUSレクサスLC500_08
テールランプは…ウーン。

レクサスLC500【 LEXUS LC500 】東京モーターショー2017展示車両 リアフェンダー

LEXUSレクサスLC500_09
リアフェンダーは素晴らしいですね。ここがLC500のデザインのすべてといっていいと思います。

というわけで日本カー・オブ・ザイヤー2017-2018の頂点こそ逃しましたが、エモーショナル部門賞というデザイン的に優れた賞を獲得したレクサスLC500。

納得の受賞ですね。

▼関連記事はコチラ

▼東京モーターショー関連記事

無理しないで行く東京モーターショー2017その1

無理しないで行く東京モーターショー2017その2

無理しないで行く東京モーターショー2017その3

無理しないで行く東京モーターショー2017その4


にほんブログ村

-LEXUS(レクサス), 東京モーターショー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.