車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

スーパーカー 東京オートサロン

ロータス・エキシージ・カップ380は公道走行可能なスポーツカー 【 LOTUS EXIGE CUP 380 】

投稿日:

ロータス・エキシージ・カップ380 【 LOTUS EXIGE CUP 380 】

ロータス・エキシージ・カップ380_LOTUS_EXIGE_CUP380_01
ロータス・エキシージ・カップ380です。東京オートサロン2018で展示されていました。
公道走行可能なハードな使用のスポーツカーですが、この間、ご紹介したトミカのロータス3-ELEVENからすると大人しめ。

エンジンは3-ELEVENと同様3.5リッターV型6気筒の2GR-FEをスーパーチャージャーで過給する380馬力。
そうネーミングの380は380馬力からきています。


2017年11月には最上位車種の430が発表されていますので、380はちょっと見劣りしてしまいます。

とはいえ、カッコよさはご覧のとおり。

クーペスタイルで1057kgを実現し、パワーウェイトレシオは2.78kg/psとなり、ロータス3-ELEVENの2.22kg/psには及ばないものの全天候型のロードカーでの数字としてはかなりいい数字です。

軽量化については、カーボン素材を投入するのはもちろん。
カーペットからゲートのダンパーまで省いています。
チューニングカーのような軽量化の仕方ですね。

トラクションコントロールの感度も設定でき、ドライブ、スポーツ、レース、オフの4パターン。
その他に0~12%の段階でホイールスリップの段階調整が可能です。

購入金額は税込13,662,000円。
正直、性能に対して高いのか安いのか?分かりませんがロータスファンなら欲しい1台でしょう。

それでは、ロータス・エキシージ・カップ380を詳しく見てみましょう。

ロータス・エキシージ・カップ380 【 LOTUS EXIGE CUP 380 】 前

ロータス・エキシージ・カップ380_LOTUS_EXIGE_CUP380_02
ブルーのボディにカーボン地ままの組み合わせ。そこへレッドラインでアクセントというのがカッコイイ。

ロータス・エキシージ・カップ380 【 LOTUS EXIGE CUP 380 】 前

ロータス・エキシージ・カップ380_LOTUS_EXIGE_CUP380_03
テールランプ周りはロータスらしい仕上がり。GTウィングがレーシーです。

ロータス・エキシージ・カップ380 【 LOTUS EXIGE CUP 380 】 前

ロータス・エキシージ・カップ380_LOTUS_EXIGE_CUP380_04
以前のエキシージよりマイルドになったフロントフェイス。いまどきっぽいですね。

ロータス・エキシージ・カップ380 【 LOTUS EXIGE CUP 380 】 前

ロータス・エキシージ・カップ380_LOTUS_EXIGE_CUP380_05
フロントスプリッターやカナードなど公道走行OKなの?って装備がされています。

ロータス・エキシージ・カップ380 【 LOTUS EXIGE CUP 380 】 前

ロータス・エキシージ・カップ380_LOTUS_EXIGE_CUP380_06
ルーフが外せそうですが、クローズド。カーボンルーフで軽量化は定番です。

ロータス・エキシージ・カップ380 【 LOTUS EXIGE CUP 380 】 前

ロータス・エキシージ・カップ380_LOTUS_EXIGE_CUP380_07
ミッドマウントされたトヨタの3.5リッターV型6気筒の2GR-FEがカーボンカバーの下に収まっています。

小さなブースでしたがロータス・エキシージ・カップ380はオーラを放っていましたね。
ミニカーなら買えるかな。

▼関連記事はコチラ


にほんブログ村

-スーパーカー, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.