車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

インポートカー 東京オートサロン

アウディ H-SPORT TTRSはニュルブルクリンク24Hレース参戦車両のロードゴーイングモデル

投稿日:

アウディ H-SPORT TTRS

アウディ_H-SPORT_TTRS_01
東京オートサロン2018のTOYOタイヤブースに展示されていた、アウディ H-SPORT TTRSです。
ニュルブルクリンク24Hレース参戦車両をロードゴーイングモデルで再現したといいます。
これだけのオーバーフェンダーが付いていても行動走行可能ということで、驚きます。
グリルがペンタゴングリルになる前のバージョンでオーバーフェンダーなどからすると2015年辺りの仕様ではないかと。


2.5リッター直列5気筒エンジンはmtmターボキットとESUのシューンにより、470馬力を発生。
フロントにAWE Tuning フロントマウントインタークーラーが装備され、安定した出力を保ちます。

AWE Tuning スイッチパスエキゾーストが装備され、街中では静かに、サーキットや峠など高出力を必要とする場合にはスポーティーなサウンドに変更することが可能です。

またAWE Tuning キャタデリートパイプというものも装着されているようですが、名称から触媒ストレートパイプではないかと。
キャタライザー(触媒)をデリート(削除)するパイプということでしょうからね。
触媒ストレートで公道走行可とは?はて?

ホイールはOZ Racing ウルトラレジェーラHLTの19インチの11J。
タイヤはもちろんトーヨータイヤのPROXES RR。295/30R19のサイズは当然前後同サイズ。

ロールケージも組み込まれていて、見た目はレーシングカーそのものです。

トーヨーブルーに塗られてイエローのラインがサイドに通っていてカッコイイ。

それでは、東京オートサロン2018に展示されたアウディ H-SPORT TTRSを詳しく見てみましょう。

アウディ H-SPORT TTRS 前

アウディ_H-SPORT_TTRS_02
ターボカーらしくインタークーラーからのエアを抜くためのルーバーがボンネットに。

アウディ H-SPORT TTRS 前

アウディ_H-SPORT_TTRS_03
ロードゴーイングモデルですから巨大なGTウィングではなく常識的なスポイラーが装着されています。

アウディ H-SPORT TTRS 前

アウディ_H-SPORT_TTRS_04
フロントスプリッターにはカナード?が付いています。

アウディ H-SPORT TTRS 前

アウディ_H-SPORT_TTRS_05
かなり張り出したオーバーフェンダー。これで行動走行可とは!

アウディ H-SPORT TTRS 前

アウディ_H-SPORT_TTRS_06
フェンダー上に多数のルーバーが。サイドステップで張り出し具合が分かりますね。

アウディ H-SPORT TTRS 前

アウディ_H-SPORT_TTRS_07
ペンタゴングリルの前の世代のアウディ。エンブレムはブラックアウトされています。

かなり張り出したオーバーフェンダーやキャタデリートパイプを装備して行動走行可とは驚きますが、かっこいいのは間違いない。

こんな派手なアウディが走ってきたら通報されちゃいそうですね。

<PR>

▼関連記事はコチラ


にほんブログ村

-インポートカー, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.