車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

チューニングカー 東京オートサロン

SEMAショー2005でデビューしたテインUSAのホンダ・シビックSiはボルトオンターボのワイドボディ仕様

投稿日:

TEIN USA 2006 Honda Civic Si Coupe

TEIN_USA_CIVIC_Si_TURBO_01
先日ホットウィールのホンダ70周年アニバーサリーのラインナップにあったホンダ・シビックSiクーペ。
昔の東京オートサロンの画像を見ていたら、なんと、テインのブースに当時のホンダ・シビックSiクーペのワイドッボディ仕様を発見。

USシビックですから、カーサンの手持ち画像にはないなと思っていたのですが、ありましたよ。
ホンダ・シビックSiクーペの画像。

しかもボールベアリングタービンのボルトオンターボでブリスターフェンダーを装着したワイドフェンダー仕様です。

SEMAショー2005でデビューし、2006年の東京オートサロンに展示されたTEIN USAのシビックSiクーペ

TEIN_USA_CIVIC_Si_TURBO_02
テインといえばサスペンションやブレーキなど足回りパーツで有名。
走り屋でテインの名を知らぬものはいないでしょう。

見た目は片側+5cmとなるテインのメタルワイドボディ。
ご覧のとおり、ブリスターフェンダーでメタルというからにはFRPとかではなく金属製のフェンダーなのでしょうね。
こちらはワンオフのもので市販はされなかったようですが、カッコイイ。

ホイールはエンケイのRPF1タイプRCが装着。
サイズまでは諸元がなく不明ですが、オーバーフェンダーに合わせて太いタイヤが履かされているはずです。

エンジンはボールベアリングタービンがボルトオンされ、当然インタークーラーも装着されています。
タービンサイズは諸元がないので不明。出力もトルクも公開されていません。

燃料系はAEMのステッカーがボンネットに貼られていることから燃調はAEMによるものと思われます。

ワンオフパーツを多用したショーモデルのテインUSAのホンダ・シビックSiクーペ

TEIN_USA_CIVIC_Si_TURBO_03
注目はテールランプのサイド。
オーバーフェンダー化による厚みが見て取れます。

マフラーもマニホールドもワンオフ。
ボルトオンターボですからね当然です。

フロントにはスプリッター、リアバンパーにはディフューザーが見えます。
リアウィングはGTウィングですね。

リアビューはホットウィールのホンダ・シビックSiクーペと同じ感じ。
GTウィングによる見た目が大きいのでしょうね。

もっともこの間、キャデラック・エルミラージGT-Rに改造した際にウィングレスにしてしまいましたが…。

▼先日ウィングを提供したホットウィールのシビックSiクーペ。
HOTWHEELS_USA_CIVIC_Si_01
リアウィングレスもカッコイイ、ホンダ・シビックSIクーペ。

というわけで、ホットウィールのホンダ70周年アニバーサリーのときのUSシビックSiから思い至ったことで見つかったテインUSAのホンダ・シビックSiクーペ。

東京オートサロンもSEMAショーと連動して車両が行き来したら面白いと思いますね。
そうするとモーターショーみたいに世界各地でワールドワイドなカスタムカーが見られていいんですけどね。

商業的には難しいですが、リバティウォークみたいに海外でも人気で進出しているブランドもありますから、意外と実現できるかも。

これからは世界。ですね。

▼楽天で買えますね。

<PR>

▼関連記事はコチラ



にほんブログ村

-チューニングカー, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.