車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

WELLY(ウェリー) ミニカー

WELLYのマクラーレン675LTはドンキに入荷のオレンジ

投稿日:2019年7月7日 更新日:

WELLY マクラーレン675LT


ドンキで手に入れたWELLY(ウェリー)のマクラーレン675LTです。
ここのところWELLYを手に入れることが多くなりましたが、そのほとんどがドンキ。

どうもドンキでWELLYを入荷したようです。
京商の取り扱いになったので販売網が広がってトイザらスやドンキといった量販店で手に入りやすくなりました。


WELLYは出来に差があるので、このマクラーレン675LTはどうだろう?とドキドキ。
箱から出してしげしげとみてみます。

意外と悪くない!…失礼。
サイド側から見えるアンダーパネルが厚みがありすぎるのと、タイヤハウスが少しいびつで大きいくらいでしょうしょうか。
細かく言えばいろいろありますが、300円ほどのミニカーですから、コストパフォーマンスを考えれば、出来はイイですね。

WELLY Mclaren675LT


同じWELLYのスバルWRX STIで気になった金型のシャープさのなさは曲面の多いマクラーレン675LTはあまり気になりません。


シャシー側のプラパーツが回り込んでいるのでフロントバンパーやリアガーニッシュ、リアバンパー。リアディフューザーなどはプラパーツの細やかなモールドが施されてイイ感じ。

WELLYはプラパーツのモールドは細かくてとてもイイ。

WELLYのマクラーレン675LTはシールド接着面も黒く塗られて彩色がいい


WELLYはウィンドウのシールド接着面が黒く塗られていてウィンドウ周りの落ち着きがイイ。
この点はWELLYの他の車種でも同様で、WELLYクオリティといっていい長所です。


WELLYのマクラーレン675LTで残念なのは、サイドに見えるアンダーパネル。
実車ではここまで出っ張っていないので、もっと控えめにしてもらえたらいいと思います。

ヘッドライトはシルバーの塗り、テールランプは塗りは無しのWELLYのマクラーレン675LT


ヘッドライトはRMZCityや以前のトミカのようなシルバーの単色塗り。
テールランプは塗りはナシです。細いラインになりますからね、そこは仕方なし。

プラパーツのモールドが素晴らしいWELLYのマクラーレン675LT

ダッシュボードやエンジンがモールドで細かく再現されています。
この辺のプラパーツのモールドはWELLYの金型技術の賜物でしょう。

シャシー裏は実車がそうなのだと思いますがあっさりモールド。
フラットボトムの実車通りなのではないかと思います。

ダイキャストの金型はイマイチですが、プラパーツの金型は素晴らしいWELLY。
目につきにくいところですが、とてもいい感じです。

なかなか出来のよかったWELLYのマクラーレン675LT。
勝率が上がってよかった。

他のWELLYも出来がいいといいなぁ、順次ご紹介していきますね。

<PR>

▼関連記事はコチラ


ミニカーWELLYウェリーのポルシェ964ターボとスバルWRX STIをドンキで。

ミニカーのWellyの読み方って?ウィリー?ウェーリー?ウェリー?読み方ナゾなメーカーのホンダNSXをトイザらスでゲット!

改造トミカに挑戦!カシメを外しホイール交換の方法【 NISSAN GT-Rの場合 】

WELLY(ウェリー)のポルシェ911ターボは964型を再現したミニカー

新発売のマクラーレン 675LTのマジョレットミニカーをゲット!


にほんブログ村

-WELLY(ウェリー), ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.