LB☆WORKS マクラーレン650S

LB-WORKS_マクラーレン650S_ロベルタブース展示_01
去年の東京オートサロン2017で片山カラーに塗られたマクラーレン650Sを展示したLB☆WORKS。
今年はロベルタ・ブースに全身ブラックのLB☆WORKSマクラーレン650Sを展示していました。

恐らく、2017年のバージョンと変わりないエアロ構成と思います。
もちろんロベルタ・ブースですからロベルタ・リフターシステムが搭載されていてノーマルのマクラーレンより更にシャコタンになるようです。

画像でお分かりのとおり、ボンネットはカーボンボンネットになってます。
こちらはLBのオプション設定らしく、LBダクト・ボンネットという名前が付いていて、カーボン版の他にFRP版も用意があります。

シャシーにマウントされるリア・ウィングは、前回の記事を見るとオプション設定だったようですが、現在のリバティウォークのHPを見るとコンプリート・キットに含まれている様子。
ダクト・ボンネット以外はコンプリートキットでショーカーと同じ仕様に出来るということですね。

ちょっと気になるのがマクラーレン650Sはリベット留めワークスフェンダーまで付いているフルボディーキットなのですが、フロント・ウィンドウにはLB☆PERFORMANCEのロゴ。はて?

謎な点もあるLB☆WORKSのマクラーレン650Sですが、面白いのはマクラーレンMP4-12Cをマクラーレン650Sの顔にコンバージョンするキットも用意されていること。

別に純正のマクラーレンMP4-12Cのヘッドライトが必要ではありますが、スーパーカーのフロントフェイスをスワップできるとは!オドロキです。

いろいろ話題に事欠かないLB☆WORKSのマクラーレン650Sを詳しく見てみましょう。


LB☆WORKS マクラーレン650S 前

LB-WORKS_マクラーレン650S_ロベルタブース展示_02
カーサンの好きなマクラーレンですからね。テンションも上がってピン甘です。

LB☆WORKS マクラーレン650S 前

LB-WORKS_マクラーレン650S_ロベルタブース展示_03
センターのグレーのストライプが派手すぎずレーシーな感じを匂わせます。

LB☆WORKS マクラーレン650S 後

LB-WORKS_マクラーレン650S_ロベルタブース展示_04
可動式のリアスポだけでも十分カッコイイのですが、このリア・ウィングを見ちゃうと、やはりスーパーカーにはデカいウィングって思っちゃいますね。

LB☆WORKS マクラーレン650S 前

LB-WORKS_マクラーレン650S_ロベルタブース展示_05
LBダクト・ボンネットとフロント・ディフューザーがカッコイイ。

LB☆WORKS マクラーレン650S 前ワークスフェンダー

LB-WORKS_マクラーレン650S_ロベルタブース展示_06
当然リベット留めワークス・フェンダーもこのとおり。ディへドラルドアがポップアップするのでフェンダー後方はドアと一緒にポップアップ。

LB☆WORKS マクラーレン650S 後ワークスフェンダー

LB-WORKS_マクラーレン650S_ロベルタブース展示_07
リアのリベット留めワークスフェンダー。ホイールのリムの深いこと!

LB☆WORKS マクラーレン650S リア・ウィング

LB-WORKS_マクラーレン650S_ロベルタブース展示_08
リア・ウィングとリア・ディフューザーの組み合わせのインパクトがすごい。

前回の東京オートサロンもそうでしたが、横のつながりが広いリバティウォーク。
あちこちにLB☆WORKSのマシンが展示されています。

SEMAショーでもそうだったようで、人気は世界レベルですね。


▼こちらではウィング付きと書かれていますね。















▼去年東京オートサロンに展示されたマクラーレンの記事はコチラ



▼LB WORKS GT-R Type.2の記事はコチラ




▼リミテッド・エディションのランボルギーニ・アヴェンタドールの記事はコチラ




▼LBワークスのLC500の記事はコチラ



▼今年のリバティ・ウォークの目玉、ランボルギーニ・ミウラ顔の「LB★WORKS」の記事はコチラ




LB★WORKS関連の記事は▼コチラ
LB★WORKS


このときの東京オートサロンの記事はコチラ▼




にほんブログ村