車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

インポートカー 東京モーターショー

メルセデスAMG-GT SはAMGパナメリカーナグリルを採用のマイナーチェンジ版 東京モーターショー2017展示

投稿日:

メルセデスAMG-GT S 東京モーターショー2017展示

東京モーターショーメルセデスAMG-GT_S_01
メルセデスAMG-GT Sです。
東京オートサロン20162017のメルセデスベンツのブースで見ていたAMG-GT S。
今年の10月にマイナーチェンジしてフロントグリル周りが変更になりました。

AMGパナメリカーナグリルというそうですが、よりイカつい感じのフロントフェイスになりました。
ジェットウイングデザインというフロントバンパーも怒った顔にみえます。

エンジンも少しパワーアップして、最高馬力522ps(+従来比12ps)、最大トルク670Nm(従来比+20Nm)に。

2000万円の車に縁がないカーサンですが、ミニカーでは縁があるようで、マジョレットミニカーでホワイトベースのストライプ仕様イエローの2台、ホットウィールでAMGソーラービームヒヤシンスレッドの2台をゲット。
ミニカーを通じて馴染みのある車です。

AMGパナメリカーナグリルは縦のラインが特徴となりますが、ミニカーではトミカのメルセデス-AMG GT Rがいち早くミニカー化していますね。

ミニカーなら手に入るメルセデスAMG-GT Sを見てみましょう。

メルセデスAMG-GT S 東京モーターショー2017展示 後

東京モーターショーメルセデスAMG-GT_S_02
テールエンドはあんまり変化はないようです。

メルセデスAMG-GT S 東京モーターショー2017展示 AMGパナメリカーナグリル

東京モーターショーメルセデスAMG-GT_S_03
AMGパナメリカーナグリルですが、肝心のグリルが暗くてよく見えてません。残念。
ジェットウイングデザインのフロントバンパーということですが、ジェットウィングデザイン?あまりピンとこないのですが、歯を食いしばったような怒り顔になっています。

メルセデスAMG-GT S 東京モーターショー2017展示 後

東京モーターショーメルセデスAMG-GT_S_04
フロントに比べると大人しめのリアビュー。
そのせいかリアビューは女性的でもあります。

マフラーはAMGパフォーマンスエグゾーストシステムで、内部のフラップで、排気音を切り替えることができ、静粛性とレーシ-なサウンド2種類を楽しめるとのこと。

日本ではまた音量規制が厳しくなるらしく、ノーマルの音量を超えるマフラーは装着できなくなるようですからノーマルでこういった装備がされるのはうれしい。

これからのハイパフォーマンスカーはそうなっていくのかもしれません。

アフターマーケットのマフラーメーカーは厳しい時代になるかもしれませんね。
と、東京モーターショーでも東京オートサロンの目線で見てしまうカーサン。

どんどん時代は変わっていきますね。

無理しないで行く東京モーターショー2017その1

無理しないで行く東京モーターショー2017その2

無理しないで行く東京モーターショー2017その3

無理しないで行く東京モーターショー2017その4


にほんブログ村

-インポートカー, 東京モーターショー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.